川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

低速iDiskの件

2010-11-28 04:00:04 | Macだし、親指シフトだし
Lowspeedずっと前から悩んでいる現象。
IDiskの読み書きが異常に遅い。
数十バイト/秒なんて、目を疑うような数字をたたき出してくれる。一応、フレッツ光なんですが。
このたび、雪豹のシステムを入れ直したから直っていたらいいなあと、3ギガくらいある書類フォルダをまるごとバックアップのトライ中。
以前だと、このままどこかで、何かのエラーが起きておしまいになってしまうのだ。

本当だったら、旅先で撮った写真をその場ですぐにクラウドにバックアップとかしたいのだけれど(ぼくが撮るくらいの分量なら、IDiskの容量を買い足さなくても問題なし)、この低速ではそれもできない。

以前、Twitter上で、別のマカーさんと、同時にテストしてみたけど、似たようなものだった。

ちゃんと高速に(DropboxやEvernote並みに)使えている人っています?
逆に、似た症状の人、結構いたりしますか?

ちと調査したし。

追記
アクティヴィティモニタを見ている限り、最高で送信速度が8KB/秒まで上がった。最初はキロじゃなくて、ただのバイトだったんだよ。しかし、それでも遅いと思います!

さらに追記
一部のファイルにアクセス権がないため、終了とのメッセージで、わずか15分のトライアルでした。結局、3ギガのうち3キロバイトほどコピーできました(笑)。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

にわかに暗雲立ちこめる(Rboardにワインを振りかけてしまった)

2010-01-07 08:43:16 | Macだし、親指シフトだし
R0013119表題の通りの所業を昨晩行ってしまい、痛恨の極み。
そのまま電源を切らずに(なぜか切れなかった。ケーブルを引っこ抜けばよかったのに)、一晩自然乾燥のつもりが。思ったよりも浸透している。
そこで分解拭き取り作業ののち、温風乾燥を試みる。
結果……だめです。
これ、27ドルで買ってきたHPのキーボードで入力中。
よりによってこんな時に起こるのだものなあ。
Rboardはご臨終の可能性が高い。それでも日本に持って帰るのだろうなあ。
わずかな可能性にかけて。
どなたか、修理出来る方ですとか、業者さんご存じないでしょうか。
ちなみに症状としては、
1.何もしていないのに勝手になにか文字がどんどん入力されてしまうことがある。
2.押下しても、なにも入力されないキーがある。

といったかんじです。

はあっ。
ため息をつきつつ、この問題には一生つきまとわれるのだろうなあ。

と書きつつ、安売りしていたHPのキーボードが思いのほか感触が良くて、複雑な気分。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

Hello again, Rboard!

2009-07-04 21:51:56 | Macだし、親指シフトだし
Img_0360KB232とトリニティワークス製の商用ドライバの組み合わせで、なぜか「子音落ち」が発生する件で、原因は迷宮入り。
実はあれから、いろいろためして、スペックがもっとよいマシンだとほとんど症状が出ないことがわかったので、いずれまた使う日が来るような気もしている。

では、それまでの間、どうするか。
というので、とうとう、満を持して(?)、なすこじさんのTestDriverの登場。

ということはすなわち、RboardにHello Againというわけ。
imateをドライバなしに使ってしまう荒技で、どいう理屈かよくわからないけれど、使えるようになりますです。
詳しくは、こちら。


http://www.geocities.jp/nasukoji_7/download/download_rboard4mac.html

ほんと、Rboardなど、もう二度と使わないと思っていたのに……。

結論から言うと、きわめて快適に使えています。

もちろん、G5時代より、マシンスペックがあがっていることもあるのだけれど、本当にサクサク。
これはいい!

今のところ、一切不満なし。
前以上の環境になってます。
ということは、KB232の方は、このキーボードが壊れてしまう日まで、「予備」としてお蔵入りか。

それでも、予備があることはすごくいいことであって、ぼくはトリニティワークスのドライバにお金を払ったことについては、「今度もサービスを継続してください」という支持を示すものとしても悔い(?)はなし。
いずれにしても、自分の固有の環境のせいで、起きている現象である可能性がきわめて高かったわけだし。

そして、なにはともあれ……
ありがとうございます。なすこじさん!
たぶん、この環境で、かなりの作品なりエッセイなり、文章が世に出されることになるでしょう。

そうだ、imateふたつ持っていたはずなのに、ひとつしか見つからない。
これも必需品。探さねば。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子音落ち問題、迷宮入り、それとteslaの使い方メモ

2009-06-25 08:41:22 | Macだし、親指シフトだし
R0010905R0010909トリニティワークスのドライバと、親指シフトキーボードKB232の組み合わせで、「子音落ち」が出る問題は、さんざんサポートの方とやりとりをした後で迷宮入り。
限りなく、ぼくのところの固有の問題らしい。どこでも、再現できていないらしいし。
というわけで、だましだまし使っていくしかないのかなあ、と。
ちなみに、カスタマイズ(小指シフトキーによるぱぴぷぺぽ入力など)をかまさないデフォルトバージョンでは、子音落ちは起きないのだけれど……。

もしも、ほかに症状の出る方がいたら、ぜひご連絡を。原因究明に、役立つはずなので。

で、このエントリの目的は自分のためのメモ。
なすこじさんから教えてもらったTeslaでKB232を使うやり方。2ちゃんねるのコピペ。
KB231が話題になっているけれど、KB232も行けるそうです。

********************

878 :うし:2009/06/06(土) 18:25:10 ID:DRHKASIp0
 お世話になります。10数年親指シフトですごしており
まして、親指専用キーボードや親指ソフトなしでは生活で
きない身体になっています。今回、intel Macを使用すること
になりました。(今まではPowerMac G5 Mac OS X 10.5)
 すると、愛用していたFUJITSU FMV-KB231での親指入力がで
きなくなってしまいました。
 ネットで探してこちらを知りお知恵をかりに来ました。

 野良ビルドにアップされている ユニバーサルバイナリ
(PPC/Intel両対応)バージョンの最新のTesla_20090420.zipをダウ
ンロードしてインストールしましたが、普通のローマ字変
換にしかならず途方にくれています。
 Tesla_20090318zipもTesla_Leopard_Intel_Pkg_20080501.zipも試してみま
したがだめでした。
 どなたか、同じような環境で親指シフト入力を実現され
ているかたはいらっしゃいますでしょうか。

 ハード及びOSは下記のとおりです。IMは、ことえり・egbr
idge Universal 2・ATOK 2008のすべてで確認しました。
 キーボードも標準添付のものを使いました。

iMac MB418J/A (2660) 2009年3月発売 2.66GHz 4GBメモリ 24inchモニ
タ 
Mac OS X 10.5.7

 よろしくお願いします。

879 :名称未設定:2009/06/06(土) 22:06:18 ID:I7eKT77a0
>>878
有料だけどNicolaKって選択肢もありますよ。
http://www.trinityworks.co.jp/software/NicolaK232/index.php

880 :名称未設定:2009/06/06(土) 22:21:02 ID:vtIor6w4O
>>878
Windows用のキーボードを使う場合、無変換キー・変換キー・ひらがなキーを、それぞれ英数キー・スペースキー・かなキーとして認識させれば使えると思います。
 
下記を参考にPCKeyboardHackを使って設定してみて下さい。
ttp://nicola.sunicom.co.jp/cgi/wf_begin/wf_b_forum.plx?no=1691&reno=1690&oya=1669&mode=msgview&page=10
 
上記コメントは私が予想で書いたものなので、本当に上手くいくかは分かっていません (^^;
 
「10.5+ことえり」の場合、キー配列の問題がありますので、さらにUSBJIS.keylayoutまたはPSJ.keylayoutを使う必要があります。
 
ではでは。


881 :名称未設定:2009/06/06(土) 22:59:47 ID:vtIor6w4O
>>878
おっと、携帯からの読み書きなので読み飛ばしていました (^^;
 
純正キーボードでダメというのは手順の問題っぽいです。
 
Teslaの設定パネルを開き、画面右上の「TESLA」の文字をクリックしてTeslaを有効にします(薄いグレーから濃いグレーに変更)
この状態でかなキーを一度押せば親指シフトになるはずです。
 
また、日本語/英語モードの変更は必ず「かな」「英数」キーを使用して下さい。「Command + Space」やメニューバーを使用するとモードずれします。
 
ではでは。


882 :うし:2009/06/06(土) 23:24:55 ID:DRHKASIp0
 みなさん。丁寧ですばやいコメントをありがとうござい
ました。
さっそく確認作業を行っています。
 881のアドバイスの「この状態でかなキーを一度押せば親
指シフトになるはずです。」でうまく動くようになりまし
た。
 深く感謝します。

 これから他の方のアドバイスも試してみます。とりあえ
ずお礼まで。

883 :うし:2009/06/07(日) 00:44:12 ID:p2aeT3rp0
>>880
 おかげさまで、FUJITSU FMV-KB231でも問題なく入力できるよ

うになりました。
いままでの環境のまま使えるありがたみをしみじみと感じ
ています。

>>879

 そうですね。こちらのサイトもチェックしていました。
Windows用にはFKB8579-661EVも使っていまして、TESLAが
駄目な場合はこちらで動かすしかないと思っていました。
しかし、新規にiMacを購入した身には25000円は大変辛いもの
があります。

 おかげさまで快適なタイピングを楽しんでいます。

 みなさんのような方がいてくださるというのは、親指シ
フターとしてはありがたい限りです。
これからもSnow Leoperdもありますし、よろしくお願いします。


884 :名称未設定:2009/06/07(日) 02:31:06 ID:6JOsaWzf0
MacBook Pro 15' OS 10.5.7 JIS配列
OASISワープロと親指シフト入力の存在は知ってたんだけど Mac でこれが今に実現できるというのは最近知った。
私は当初からカナ入力なんだけど、未知の物に興味があるというか、自分の環境で試せるならTesla_20090420
を・・(作者さま、感謝! & NICOLAはどうよ)

で、な、なるほど、これは面白い(って、今は普通にカナ入力でしてるんだけど・・・)

カナ入力からして濁音系が魅力ですねぇ~。これは凄い。
反面、標準キーボードで辛いのが
親指左ならば「うーろや」(ぃ)はぎりぎり
親指右ならば「むわぉ」
この当たりが慣れていない俺にはきつい。

親指シフトキー、今の位置よりちょっと下にあるとかなりよさそうなんだけど、強者の皆様方は気にならないっすか?

で、ここからは雑談だけど・・正直、普及は正直難しいとおもうわ。NICOLAだったっけ。みてきたけどプレゼン力なさ過ぎ。回りの環境も、例えば専用ドライバーに25,000-とかふざけてる。

親指シフトキーボードも、通常キー(としても優秀に使えて)じゃないと、一般の人のスイッチは狙えないとおもうな。入力関係に興味ある人でも 5万で PC 買える時代にキーボードに 28,000- とかかなり無理があるような。

良いキーボードがあれば、親指シフトも興味あるけどなぁ~って感じですね。

885 :名称未設定:2009/06/07(日) 03:59:59 ID:B0WackkO0
昔小指シフトってのを自作してる人がいて、
それに感化されて自分でkmapつくって使ってたなあ…OS8.6時代だけど。

886 :名称未設定:2009/06/07(日) 12:16:00 ID:6JOsaWzf0
>>885
小指シフト・・OS8.6時代ってすごいな。
確かに普通のシフトがあるんだから、こちらも使えば左親指で左他の指の組み合せを止めたら間違いなく快適。
親指シフトできになるのは同じ手の指を二本使うモードがあるということ。これがどうも敬遠してしまう部分。

というか、今のカナ入力でシフト併用で濁音(バビブベボ)、スペース併用で「ぱぴぷぺぽ」音してくれたら俺は良い。

後、普及させるには銘々だわ。
「親指シフト」は方法だよね。当時はこれでよかったんだろうけど、今風なら「Quick なんちゃらMethodキーボード」「 Speedyなんちゃら」とかなにかインパクと有るので、知らない人を振り向かせる事だよね。
多くの人が知る言葉で興味を惹かせる。
「俺、最近、ほらあのクイックなんちゃらキーボードなんだよねぇ」とか、「やってみよう、つかってみよう」的な事が。普及させようという活動にそれがみえないな。実は方法の説明なんて後付けでど?てもいいんだよね。技術者とか学者はそこがわかっていないんだな。

887 :うし:2009/06/18(木) 11:15:02 ID:IJW2/UFe0
Intel Macで富士通キーボードFMV-KB231(USB親指シフトキーボード
)を親指キーボードとして使う方法。
(環境移行のための覚え書き)

 Power Macでは、OS X 10.5でもOyayubi Driverのおかげで上
記キーボードは親指入力が快適にできました。
http://tesla.sourceforge.jp/index.html

 しかし、Intel Macでは動きませんでした。この掲示板で教えをうけて
動くようになりましたので、今後同じような環境で移行されてくる方のため
に覚え書きを書いておきます。
 
1)Oyayubi Driverをアンインストールする。
>>アンインストール
>>ターミナルを起動して
>>sudo rm -rf /System/Library/Extensions/OyayubiDr
iver.kext
>>と入力し,実行して下さい。このとき,管理者のパスワードが必要です


 手作業の場合は、起動ディスク内のシステムフォルダの中のライブラリフ
ォルダ→Extensionsフォルダ内の「
OyayubiDriver.kext 」ファイルを退避または削除する。


888 :うし:2009/06/18(木) 11:17:31 ID:IJW2/UFe0
その2
2)野良ビルドサイトに移動。
http://www13.atwiki.jp/oyayubishift-mac/pages/11.h
tml
 Mac OS X v10.5 (Leopard)用バージョン
 Intelマシンへのインストールの場合の「Tesla_Leopard_Intel_Pkg_20080501.zip 」をダウンロードし、指示に従ってインストール。

3)下記サイトのコメントを参考にPCKeyboardHackをインストールして設定を行う。
 http://nicola.sunicom.co.jp/cgi/wf_begin/wf_b_forum.plx?no=1691&reno=1690&oya=1669&mode=msgview&page=10

《わたしの設定》
 ◆Caps Lock,Control
  ■Change Caps Lock 51→59(変更)
  ■Change Control_L 55→57(変更)
  □Change Control_R 変更なし
 ◆For Japanese
  ■Enable XFER Key 104→49(変更)
  ■Enable NFER Key 102→102(変更しないと親指左が機能しない)
  ■Enable KANA Key 54→104(変更)

【PCKeyboardHackの所在】
http://www.pqrs.org/tekezo/macosx/keyremap4macbook/extra.html.ja

 以上で設定は終わりです。
 ことえり、ATOK2008で動作確認しています。
 ことえりの設定では「ローマ字入力」「chaps lock」→「押した時英字を入力」
 ATOK 2008では「ローマ字入力」
 ・入力補助→特殊の「chaps lockキーの設定」→「ON:半角英字」が使いやすいようです。


889 :うし:2009/06/18(木) 11:18:37 ID:IJW2/UFe0

その3
 半角英数字を入力する場合、ATOK 2008ではchaps lockキーを押すのが簡便です。しかし、ATOKが切り離されませんので、入力文字が選択された状態になり、リターンキーまたはエンターキーを押さないと確定しません。
 注意しなければならないのが、パスワードなどを入力する場面に上記状態でパスワードを入力してリターンキーを押すとパスワードが正常に渡されずエラーになります。
 ツールバーのメニューでATOKを切り離して英数入力モード(U.Sなど)にして入力をしてください。

 大変使いやすい環境になりましたが、2点だけ改善されると嬉しいのは、

1)現状ではコマンドキーがキーボードのWindowsキー、オプションキーが
Altキーに設定されています。
 これが逆になると大変使い勝手がよくなります。
2)ESCキーは離れているので、半角/全角キーにESCキーが割り当てられると嬉しいです。
 以上2点は、Oyayubi Driverで実現されていた機能です。
(さすがに行き届いたセッティングです)

 おかげで、まだまだ親指シフトでやっていけそうです。

890 :名称未設定:2009/06/21(日) 06:13:32 ID:VJOy1W2aO
>>889
>1)現状ではコマンドキーがキーボードのWindowsキー、オプションキーがAltキーに設定されています。
> これが逆になると大変使い勝手がよくなります。
 
OS標準の機能で入れ替え可能です。
「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「修飾キー」
 
Caprlockや左Controlも同様です。
 
>2)ESCキーは離れているので、半角/全角キーにESCキーが割り当てられると嬉しいです。
 
Teslaの場合、']'キーの位置にESCキーを割り当て可能です。設定パネルで']'の所を押して下さい。
使いやすいかはわかりませんが (^^;
 
あと、半角英数を入力するだけなら、英数キー(無変換キー)を押して半角英数モードにした方が楽じゃないですか?
 
ではでは。

891 :うし:2009/06/21(日) 10:35:55 ID:EH3kNAB10
その4
アドバイスを頂いて、さらに改良。
《コマンドキーとオプションキーの入れ替え》
 「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「修飾キー」 で「キーボードを選択」で「すべて」を選択。
 Optionキーに「コマンド」、コマンドキーに「Option」を設定。

《']'キーの位置にESCキーを割り当て》
 「システム環境設定」→「Tesla」のキーボードの「]」キーをクリックして「ESC」に変える。
 これで、離れたESCキーを押さなくてもよくなります。

 以上で、もう要望点のほとんどない世界となりました。本当にありがとうございました。


>890
 >>あと、半角英数を入力するだけなら、英数キー(無変換キー)を押して半角英数モードにした方が楽じゃないですか?

 これをやってみたのですが、無変換キーとともに親指左キーでも半角英数に切り替わるようになります。
 同時打鍵時にはちゃんと親指キーとして働くのですが、打ちこぼしをすると半角モードになってしまい、これではちょっと使えない感じです。
 Capsキーの場合は、キーボード上のライトがついてモードを確認できますので、当面こちらを使ってみようと思います。
 的確なアドバイス本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mac親指シフト環境、最新事情

2009-06-18 21:25:37 | Macだし、親指シフトだし
R0010969R0010970さてさて、結構、コアな話題です。
関心のある人だけ。
せんだって、Rboard Proをとうとうあきらめたぼくは、今ではKB232のユーザ。
ただ、これはウィンドウズマシン用で、マック用にはドライバがないわけです。

そこで、トリニティワークスが提供してくれる有償、しっかりサポートしまっせ系のドライバを購入しました。
それは、こちら。
http://www.trinityworks.co.jp/software/NicolaK232/index.php

たいへんよくサポートしていただき、無事、使えるようになってきたのだけれど、問題点がないわけでもなく、まとめておきます。
ぼくの理解ですと、このドライバは、実はローマ字として出力をしているのです。
本来の親指シフトキーボードはそのままかなやカナを吐き出すのに。だから、IMEの設定はローマ字にするように指示されています。

そのせいなのか分からないけれど、時々、ストレスをかんじるのが、「子音落ち問題」。

れ、も、よ、み、ま、
といった、指をホームポジションから離して、なおかつ親指シフトキーとの同時打鍵で入力する文字について、なぜか、子音部分が落ちて、
え、お、お、い、あ、
というふうな入力になってしまう場合があります。

ぼくの環境はMacミニの最新版なので、それほどいいスペックでもない。それが影響している可能性があるのだけれど、最初はかなりストレスを感じました。 

手持ちのノートで実験してみても同じ(macbook core2duo2.0GHz)。自分の打ち方の問題かと思い、知人の親指シフターにお願いしても、同様の現象が出ました。

あれこれ、試行錯誤した結果、ATOK2008と組み合わせた方が、誤入力が少ないとわかり、今は、ことえりは使ってません。

とはいえ、問題が払拭されたわけではなく、実は、この文章を書く間にも、すでに5回くらい、誤入力が起きて、その都度修正しているんですよね。

その修正作業も含めて、手になじんでしまったというか……。

とにかく実用域には達しました。
しかし、もう少し、なんとかなると、すこく快適なのに!と思うのです。

長期的な視野に立って、トリニティワークスさん、ぜひ、改善を!とお願いいたします!

でも、こういうの出してくださること自体、感謝しまくりなんですけどね。

追記
ほかのユーザからは特にこういう例のリポートはないということで、ひょっとすると、こちら側の固有の環境である可能性があるかもしれませぬ。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

遅いMacProのメモリを増設

2009-04-06 07:18:40 | Macだし、親指シフトだし
R0010599息子と共用することが多いMacBookが遅い。
core2duoの2GHzなのに(最新型のMac miniと一緒)、格段に遅く感じる。
というのは、メモリの使い過ぎ。ふたりでアカウントをスイッチしながら、たくさんアプリを開いているとあっというまに使用メモリが増えてしまう。アプリやアカウントの切り替えのたびに、えらい時間がかかる。

最近では、1ギガバイトの200pin DDR2 667 SO-DIMMが千円そこそこで買えることがわかったので、メモリを増設。というか、2つのスロットに512メガが刺さっていたのを一緒に取り替えた。
これまで1ギガだったのが、2ギガになる。

さくさく速い。単純にうれしい。
Transcend 1GB JETRAM 200pin DDR2 667 SO-DIMM ノートブック用 JM667QSJ-1GTranscend 1GB JETRAM 200pin DDR2 667 SO-DIMM ノートブック用 JM667QSJ-1G
価格:(税込)
発売日:


そうそう、ヨドバシとか量販店でつい先日聞いたら、2枚で1万5千円くらいだったのだ。
この差はなんだ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Rboardについて語ってみる(指ならしも兼ねて)

2009-03-09 21:45:22 | Macだし、親指シフトだし
R0010613今、富士通のKB232というUSBキーボードで親指シフト環境を構築したところ。これまで20年かそこら使ってきたRboardの系譜にとうとうサヨナラするときがきたわけで、新環境の指ならしも兼ねて、「わたしとRboard」というテーマで書いてみる。

出会いは……たぶん、大学生のときだ。
はじめて小説を書いた時、ローマ字入力が嫌で仮名入力してみた。でも、タッチタイプができない。
そこで、ちまたで噂の親指シフトキーボードを買って来た。

当時使っていたのは、エプソン系のPC98互換機で、それに直接さすとすぐに使えた。
ワープロソフトは、たぶんまだ「松」だったかも。「太郎」が出るのはもっと後。あるいはVZエディタをもう使っていたかもしれない。記憶の彼方で定かではない。

1991年頃、Macに出会った。
II ciという機種で、68030 25MHz、対応OS 漢字Talk6.0というしろもの。
当時の漢字Talkは、非常に不便だったけれど、その他のルックアンドフィールに惚れてしまって、すべての環境をMacに引っ越した。

Rboardは、PineAppleというアダプタを使えばそのまま使えた。
当時、Macは本体そのもののアッフグレードというすてきな仕組みがあって、II ciはのちにQuadra700という機種に化けた。

これはずいぶん長く使った。たぶん5年くらいかな。その間、Rboard+PineAppleという環境で乗り切った。

次に買ったのがPowermacG3。コードネームはYosemiteだったかな。
これはUSBが普及する前にAppleの標準だったADBアップルデスクトップバスの入力が出来る最後の機種。
このあたりになると、旧来のRboardでは入力できなくなっていて、そもそも開発会社がギブアップして、リュウド社があらたにRboard pro for macを出してくれた。

なかなか快適な入力環境で、考えてみれば、プロになって出した最初の何冊かはこのマシンとRboard pro for macの組み合わせで書いたのだった。

PowermacG3は、アクセラレータをつけたりして、5年くらい引っ張ってしまったのだけれど、その理由はこのマシンが、ADBをサポートした最後の機種だったというのが大きい。

それでも、どうにもならなくなって、購入したのが2004年版のPowermacG5。
これは最後のPowerPC Macであって、imateというアダプタをかませば、なんとかRboard pro for macが使える。
このハードも5年近く引っ張ってきょうに至るのだけれど、とうとうCPUに連続して不具合をみるにいたり、intelMacへの全面移行を検討している次第。

感慨深いことに、新しいMacminiは、ハードディスクの回転数をのぞいて、すべてのスペックで、5年前のフラッグシップを上回る。
さっそく注文。KB232をさして、これからの環境への第一歩としたい所存。

とはいえ、まだPowermacG5を使っている今現在、KB232の使用感はイマイチだなあ。
Rboardを使って来た20年というのはやはり、大きいのかも。

ま、そのうち慣れることに期待。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

さらばRboard for Mac

2009-03-04 22:32:28 | Macだし、親指シフトだし
R0010077感慨深い。
とうとうRboard for Macと、と同時にimateともサヨナラする時がやってきた。
本当はナスゴジさんのリマッパを使おうと思ったのだけれど、手元のOS9環境が起動しないために断念。
ということはもう選択肢はほとんどないのだった。

新たに購入したキーボードは、FMV-KB232。
http://www.saccess.co.jp/oasys/fmv-kb232.html

そしてドライバに、トリニティワークスのセミオーダー。
http://www.trinityworks.co.jp/software/NicolaK232/index.php

すでに導入して、マックブックで検証。
なんとかやっていけそうです。

当面、病み上がりのPower Mac G5で使うつもりだけれど、intel macにフル対応、というかむしろ推奨なので、遠からず、移行します。
ああ、本当に感慨深い。
ありがとね、Rboard!
いったい何回、あなたを打鍵したことであろうか。
で、現状をいいますと、MacBookしかないので、きわめてストレスフルな入力環境。
長文を書く気分になれず、各方面で不義理なことをしてしまっているような。

すみません。
来週にはきっと新しい希望に満ちた入力環境で、がしがしメールいたします!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりPowerMacG5は重病、いっそのこと……

2009-03-02 22:17:22 | Macだし、親指シフトだし
R0010127けさから、もろもろ作業を試みるも、どんどん調子が悪くなっていく。とうとう起動中にフリーズするまで悪化。
ここでギブアップして、アップルに電話。
水曜日に修理にピックアップしてくれることになる。
Appleの対応はあいわからず気持ちいい。
修理後の保証期間は3か月だが、それを少しすぎているのにもかかわらず、似た症状が出たことをかんがみて、無料修理扱い。

今回は、HDDも全部消して、徹底的に原因究明してもらうことになるので、いっそのこと親指シフトの使用環境も大幅に変えようかと画策中。


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

またMacG5の調子が……

2009-02-15 13:37:19 | Macだし、親指シフトだし
R0010559R0010560ニュージーランドに行く直前だというのに、やたら、調子が悪い。
4ヶ月前にCPUがメルトダウンして交換してもらったばっかりなんだが。
昨晩、立ち上がらなくなって(ディスクを読みに行かなくなって)困った。
それも不安定で,なんとか読んでくれた時にDVDから立ち上げ、HDをまっさらにしてから、タイムマシンで復旧。
でも、まだ不安定。
使っていると途中で固まって、しばらくは再起動できなくなる。
これははやめに「脱出計画」を立てておかねば。
インテルMacで使える親指シフト環境を準備しつつ、いざ、壊れたらすぐ新しいの購入か。
なにしろ使って4ねんたつ古いマシンなもので。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Mighty mouse2

2008-12-30 00:29:08 | Macだし、親指シフトだし
R0011106R0011137ほぼ、2年間使った、mighty mouseがご臨終となったので、新しい者を購入。
あれこれやと、がんばりましたが、とうとう、bluetoothで認識したりしなかったり、になってしまったので。
備忘のために、記しておきます。
しかし、これ、2年近くも、後継機が出てないのですね。
ぼくが以前買ったのは、現行機種の最初期モデルだったのでした。
Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/AApple Wireless Mighty Mouse MB111J/A
価格:¥ 8,800(税込)
発売日:2007-08-09


なお、写真は意味不明、根拠不明なくらいテキトーです。
最近の近所。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DropBoxの使い心地

2008-09-29 08:44:29 | Macだし、親指シフトだし
Rimg0087写真はまったく関係のない金山湖です。凪ぎ。湖面は鏡のよう。
さてさて、10日ばかり使っているDropBoxですが、きわめて快調。
先週、新潟・群馬出張の出先でMacBookで書いた文書の同期も、まったく問題なく行えて感動しました。
なぜ今までできなかったんだろう。
今、確認できているマイナーな問題点としては……

○OmniOutlinerというアウトラインプロセッサを使っているのだけれど、なぜかこのソフトのファイルのみ、サーバへのアップロードが遅い。書類が更新されていることをなかなか認識してくれない(システムを再起動した時などに認識されているよう)。このソフト独自の自動保存の仕組みが関係してるような気配、あり。

○画像など添付付きのリッチテキストファイルで、アップロードされたファイル名が本物のファイル名と違ってしまう。(単にTXT.rtfとなってしまう)。しっかり同期はできているので問題ないが、気持ち悪い。

まあ、そういうわけで、それほど問題はなく、しっかり役立ってくれているDropBoxでした。

このままの勢いなら、有料版を購入してしまう日は遠くないかも。
しかし……本来なら、mobilemeのサービスとして実現してほしいなあ。Appleさま。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

快適!

2008-09-18 08:14:58 | Macだし、親指シフトだし
R0018768DropBoxはとても快適。
ローカルにファイルがつねにあるので、安心感もあるし、変更が「あっち」に反映されるのもすごく早い。これはいい。
はやくmoblemeにこの機能がほしい。
というのも、無料の2ギガはすぐ使い切ってしまいそうだ。
差分が残ってヒストリーを終える機能を微調整できるといいんだけど(一週間たったら自動的にヒストリーは消すとか)。
あとこまめにセーブする癖があるのだけれど、そうすると時々、「このファイルは別のアプリで書き換えられた可能性がある。それでも上書きするか」と聞かれる。それがうざい。たぶんドロップボックス側でいじっているからなんだろうけど。
面倒なのはそれだけ。許容範囲。
あ、写真は近所の風呂屋@絶滅寸前


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DropBoxを使ってみる。

2008-09-17 09:11:37 | Macだし、親指シフトだし
R0018881さっそく導入。今、現在進行中のもろもろのファイルをアップしているところ。最初はさすがに時間がかかる。1.2ギガくらいだけど1時間はかかるらしい。
さて、MacProとの同期がメインの目的なので、それがどれほど便利になるか楽しみ!
続報は明日以降。
写真はただの苔です。


コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

はやっ!(追記)

2008-09-14 10:42:55 | Macだし、親指シフトだし
Applesupport金曜日の朝にピックアップしてもらったマシンが、土曜日朝には修理センターに到着し、即日、修理完了、発送。
当然3連休後の対応を覚悟していたので、これはびっくり。
もう近所の集配所には届いたみたいなので、あと数時間後には「本来の」環境で仕事ができるはず。
助かった。

というわけで、もとの執筆環境に復帰。
データもリカバーできたし問題なし

ひとつ思うのはこの間Macproで作成したファイルを、メインマシンのほうと同期するのが面倒だなあ、と。
なんかいい同期の方法ないんですかね。
結局、手作業でやってしまいましたが。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加