電磁波犯罪に巻き込まれ見えないあした・・

電磁波犯罪に苛まれ20年も拘束され人生が歪んで行く事実を知って貰いたい!加害域と被害者以外に誰が改善を促すと言うのだ・・

最低の人間たち・・

2014年04月03日 08時39分45秒 | 電磁犯罪被害 加害域と被害者としての見方

”オハヨウゴザイマス!”

昨夜、嫌と言うほど感じさせられたのは・・

この国の恥部は、一部のヤクザと日本を捨てたグローバル創価です。

世界に網羅するべく支部を作りもう日本等と言う国に魅力を

感じる事無く日本を切り捨てようとしているようです。

創価批判は、一部の恥部で俺の知る人間の学会員達は、

そんな人間が見当たらないのです。

学会を名乗る只の犯罪組織です。

昔から信心に取り組み真面目に生きて来た人たちへの冒涜です。

ヤクザも空気を重んじ澱んだ空気の中で生きられないのを

肌で感じていると思うのです。

一見矛盾を感じますが家族があり子供が触れて行かなければ

いけない社会の空気なのです。

それに彼らは、みな人よりデリケートなのです。

空気の汚れや矛盾は、いち早く感じているのです。

兎に角、一部の恥部が社会性を狂わせているのです。

 

昨夜も危害を受けて重い身体に更に昨夜も肝臓や膵臓に負担を

掛ける電磁波を流し続け今朝起きたら吐き気が止まりません。

その攻撃の中、感じたことです。

色々な見解は、有るでしょうが能書でしかないのです。

人を賤しめ危害を付け平気で居られるのですから・・

20年も有りながら荒れて落ちていく一方なのを感じます。

 

少しは、責任と義務感を持って平和を取り戻して下さい!

長期の入院に入りますので

 

皆さん!    さ・よ・う・な・ら!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長期入院・・ | トップ | ご無沙汰してました! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
負けないで頑張って生きて下さい (サクラ)
2014-05-09 21:01:08
はじめまして kuzuya16さん
ブログが書いていないので、解かりませんでした。
私のブログを読んでいる方に、教わりました、お返事遅くなりました。
入院との事ですが、頑張って下さい!
皆さん、あきらめないで、生きて頑張っています。
2015年には、2015年に通名がなくなります。
2015年、在日の資産没収と強制兵役も有ります、変わってきますよ
自民と公明が決裂して、政界編成された時に、この犯罪も公表されて
解決されると思います。
被害に負けないで、生きて頑張りましょう !!

>”何故、国が関っていると感じましたか”

日本は、在日韓国人に乗っ取られてしまっているのです、国会議員も在日だらけです。
創価/民団/総連/朝鮮系暴力団が、戦後日本人をあらゆる手段で抹殺してきたそうです。
その中心が、創価のお金で、国家政府へ浸透して議員を動かして来たからでしょう
創価学会、公明党(在日韓国人)が、外国人参政権で日本占領しようとしています。

日本は平和を装ってる国であり、支配階級には在日が置かれて、外交では海外から
舐められ、経済では他国の財布となり、国民の行動は変な宗教に監視されて、
常識や思想、流行などはマスコミに操られて来たと、言われています。
コメント有難う御座います! (kuzuya16)
2014-05-18 03:22:11
コメント頂き有り難う御座いました。昨日退院してきました。Q.に対してのA. 国の関与を感じているのは、商用としての機器類の開発と実用そして更なる完成度を目的として犯罪管理や思想管理として法務省下の施設や警察による監視と言う目的で得る予算で現在の機器まで進化した事を感じています。何人もこの非殺傷兵器で発狂し心臓発作や脳梗塞や臓器不全で亡くなっていると思います。幾人もがこの管理下で死んでいる事実から見て日本と言う法治国家からすればこれはもう殺傷兵器であり非殺傷兵器でないと感じています。現在のデリケートさの無い評価型社会が招いている心の鈍化がこの犯罪行為が平然と続けられている原因だと思います。加害域の人間から自分の場合思想らしき思想は、何も感じていません。ただ野放しにした機器類を身近な物に使用させて収入を与え管理者は、機械を進化させその人間の取り巻きの人としての程度を計って社会における質の粗悪さも胡坐をかいて感じ反社会性を評価していると感じています。

”貴重な御時間を有り難うございました。
ブログにお邪魔して勉強させて下さい!”

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL