クズラのブログ

冬期湛水(稲刈り時以外は年中水を湛える)田で稲を育てています。牧石九条の会や日本共産党などにも参加しています。

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(5)トウガラシが発芽

2017-04-17 | 慣行農業


 甘長トウガラシがやっと発芽しました。141個のポットのうち10個ほどで発芽しています。

 種の袋の「まきどき」には「暖かい地域:2~4月」、「寒い地域:3~4月」と書かれていたので、3月27~28日に種蒔きしたのですが、発芽まで21日かかりました(種の袋には「発芽までの日数:4~6日」と書かれています)。3月の気温が低すぎたようです。

 昨日(16日)は暖かく、我が家の太陽熱温水器は今年初めて60度を超えました。4月になって蒔くのがよさそうです。
※ネットには、播種期について「直播きは5月以降」とか、播種から発芽までは「二週間」と書かれたものが多いようでした(4/19記)。


 18日の朝には計30個余りのポットで発芽していました。
 19日の朝には計40数個のポットで発芽していました。
 27日時点で、貧弱なものも含めて双葉の発芽が58本、うち5本は葉が虫に食べられ、53本が残っています。種の袋に書いてある「この袋で育つ苗の本数:およそ80本」、「発芽率75%以上」より低くなりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護職員初任者研修を受け始... | トップ | のびるを採りました »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL