クズラのブログ

冬期湛水(稲刈り時以外は年中水を湛える)田で稲を育てています。牧石九条の会や日本共産党などにも参加しています。

農業壊す「競争力強化」など8法案

2017-03-12 | その他
 政府は「競争力強化」の名のもとに、農業に関わる物資を農協から民間企業に「開放」しようとしています。

 右は『しんぶん赤旗』の記事ですが、同紙は3月6日の”主張”に続いて、7日から5回の連載で「農業壊す『競争力強化』」を掲載しました(右の記事をクリックすると連載等のPDFファイルにジャンプ)。

 2015年に農協法「改正」で農協の弱体化が開始されましたが、昨年秋には政府が「農業競争力強化プログラム」を決定し、それに沿って今国会に8本の法案(農業競争力強化支援法案、主要農作物種子法廃止法案、農業機械化促進法廃止法案など)を提出する予定です。
 すでに、種子法の廃止法案が提出されているようで、8日に衆院農水委員会で畠山和也議員(共産)が質問しています(右PDFの最後に掲載)。

 これらの法案は、「農業競争力強化」をうたい文句にしていますが、農業者がつくった組織である農協を弱体化させて、種子や農産物、農業資材などを民間企業に「開放」し、より一層、農業を企業(海外も含む)による利潤獲得の場にしようとするものです。

 中小規模の農家は経費高や価格低下などで廃業に追い込まれ、農業や農村の破壊が加速されることになります。

 2月6日に関係7団体が、安倍政権の地域農業・農協つぶしに反対し、食糧・農業・地域を守るアピールを出していますが、まだ広がりがありません。

 日本の農業と食糧、地域社会を守るため、競争力強化法などの成立を阻みましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「安心できる年金制度を考え... | トップ | 福島原発訴訟・前橋地裁判決... »

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL