クズラのブログ

冬期湛水(稲刈り時以外は年中水を湛える)田で稲を育てています。牧石九条の会や日本共産党などにも参加しています。

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(7)サツマイモを42本植えました

2017-05-21 | 慣行農業
 今日(21日)、サツマイモ(鳴門金時)のつるを42本植えました(写真上)。
 真ん中の色が濃い列が、芋づるを植えて水をやった畝で、この1列に42本全部を植えました。この畑は以前に耕していたのですが、日にちが経ったので草が生えて来て、芋づるを植えるところ(畝の真ん中)だけ耕して植えました。
 その左横の列は今日切った溝で、右横の列は以前に切っていた溝で草が生えています。その右横の列は、安納芋を4本植えて水をやった畝で、左の畝に植えた鳴門金時が余ればこの畝にも植えようと思って耕して水をやっておいたのですが、余らなかったので4本の安納芋以外は何も植えていません。そのまた右横には草が生えた溝があり、その右の列は、草が生えていますが甘長トウガラシを植える予定の畝です。

 芋づるを植えた後、最近は暑いので、高温と水分蒸発の対策のため、草を刈って芋づるの上にかぶせました(写真下)。

 鳴門金時のつるは、JAに50本注文していて、今月の17日に届きました(52本入っていたようです)。値段は1,337円で、1本当り約26円になります。その内10本を知人に譲りました。

 農家の方に訊くと、植付けの前日は水を切っておくということだったので、昨日から水を切っていました。すると葉っぱの半分ぐらいは枯れたり黄色くなっていましたが、「植え付けたら一旦は葉っぱが全部枯れるんじゃ」と言われたので、枯れた葉っぱも気にしないで植えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葛根を採りました

2017-05-05 | 冬期湛水田
 近頃はときどき、道の端にある堆肥混じりの土を田んぼに入れています。

 その道の山側はコンクリート擁壁で、路面もコンクリートで舗装しています。その道の端には、コンクリート擁壁の上から少しずつ落ちてきた土や柴などが積って堆肥混じりの土になっていて、その上に雑草や葛などが生えています。その堆肥混じりの土は、横と下がコンクリートで囲まれているので、スコップですくい取りやすくなっています。



 その土を取っていると、じねんじょ(山の芋)に形が似た葛の根がいくつもあるのに気が付き、「これが葛根湯か!」と、否「葛根か!」と感動。今日それを持ち帰りました。





 葛根の皮を剥き、スライスしました。葛根はかなり硬かったので、皮むきもスライスも苦労しました。

 スライスしたのを噛んでみました・・・かなり苦い!


 

 スライスした葛根をミキサーにかけました。

 最初は流動しないので刃に近い部分しか砕けませんでした。水を加えると、全体が流動して砕けました。





 それを布巾に取って絞りました。
 しぼり汁の上層には白い泡が浮かんでいます。

 これを静かに置いておきます。明日には葛でんぷんが沈殿しているでしょうか?




5/6加筆
 一夜明けた5月6日、表面の泡は消えて、液がやや黄ばんでいます。

 上澄みを捨てていくと、ほんの少しの白く淀んだものが容器の底にありました。ほんの少しです。

 葛根からほんの少ししか葛粉が精製できないことが分かりました。本物の葛根湯は貴重なものなんですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(6)サツマイモを4本植えました

2017-05-05 | 慣行農業

 サツマイモ(安納芋)の苗4本をホームセンターで買って畑に植えました。この苗は、芋から伸びたものです。この苗からツルを伸ばして、それもツル苗として植え付けようと思います。

 実は、サツマイモのツル苗は農協に注文しているのですが、それが届くのが5月末か6月始めになるらしいのです。耕した畑に雑草が生えてくるので、待ちきれなくって買いました。

 どちらが早くできるか分かりませんが、時期がずれて収穫できるのもいいかなと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇野バスが”目覚まし機能”を開始

2017-05-03 | その他

パクチーの花です。

 宇野バスが乗り過ごし防止のための”目覚まし機能”を開始しました。

 下車したいバス停に近づくと、自分のスマホがアラームで知らせてくれるので、居眠りや、読書などに気を取られていても、乗り過ごさなくてもよくなりそうです。

【設定は】
1、「バスまだ」ページを開いて【時刻表タイプ】を選択します。
2、下車したいバス停を選択し、右上に表示されている「目覚まし」を選択します。
3、最後に一覧から自分が乗車しているバスを選択したら準備完了です。
4、設定したバス停に近づくと、アラームが鳴り知らせてくれます。
※周囲のお客様の迷惑にならないよう、利用の際はイヤホンを利用しましょう。
【利用方法は】(こちらの機能はスマートフォン専用の機能です)
http://www3.unobus.co.jp/b/mezamashi_help.html

 最近、JRで2回乗り過ごした経験があるので、JRでもこの機能を導入してほしいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のびるを採りました

2017-04-21 | その他

 先日(19日)、田んぼに堆肥を入れて帰ろうとしたとき、草むらに生えていたのびるが気になって、採って帰りました。

 のびるをそのまま引っ張ると、球の部分まで抜けないでちぎれることが多いので、その下にスコップを突っ込んで土ごと浮かすようにして抜きましたが、深いところから生えているものは球の部分がちぎれて採れなかったり、スコップで球が割れたりするものもありました。

 家に帰って、食事や雑用などが終わった23時半、のびるのしょうやく(下処理の岡山弁。澡浴が元の漢字らしい)に取りかかり、終わったのが1時半近くになっていました。

 忙しいときには、のびるを気にしたらいかなんあと思いました。

 翌日、のびるの半分を酢味噌和えにしました。
 翌々日、のびるの残りをバターと醤油で炒めました。やっぱり味噌和えの方が美味しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(5)トウガラシが発芽

2017-04-17 | 慣行農業


 甘長トウガラシがやっと発芽しました。141個のポットのうち10個ほどで発芽しています。

 種の袋の「まきどき」には「暖かい地域:2~4月」、「寒い地域:3~4月」と書かれていたので、3月27~28日に種蒔きしたのですが、発芽まで21日かかりました(種の袋には「発芽までの日数:4~6日」と書かれています)。3月の気温が低すぎたようです。

 昨日(16日)は暖かく、我が家の太陽熱温水器は今年初めて60度を超えました。4月になって蒔くのがよさそうです。
※ネットには、播種期について「直播きは5月以降」とか、播種から発芽までは「二週間」と書かれたものが多いようでした(4/19記)。


 18日の朝には計30個余りのポットで発芽していました。
 19日の朝には計40数個のポットで発芽していました。
 27日時点で、貧弱なものも含めて双葉の発芽が58本、うち5本は葉が虫に食べられ、53本が残っています。種の袋に書いてある「この袋で育つ苗の本数:およそ80本」、「発芽率75%以上」より低くなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修を受け始めました

2017-04-16 | その他
 昨日(15日)から、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級の資格)を受け始めました。

 連れ合いの定年が近くなったので収入の補充(送迎の仕事ができたらいいなと思っています)と、親の介護の可能性も出てきたので、この研修を受けることにしました。

 4月から毎月3回、8月まで受講して、8月末に試験があります。研修会場は、赤磐市の「あかいわの郷 我が家」で、費用は72,000円です。

 が、昨日の研修では、講師の話がなかなか頭に入りません。困った( ^ω^)・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胃がんの手術から1年 転移なし

2017-04-12 | その他

 今年は庭の苺が穫れそうです。

 昨年4月にがんで胃を全摘してから1年が経ち、今日MRIを撮影して受診しました。内臓のどこにも転移がないと言われ、ほっとしました。

 術後の半年間は抗がん剤のTS-1(25mg)を断続的に飲み、後の半年は少し軽めのTS-1(20mg)を断続的に飲んできました。食欲不振や吐き気などの副作用と付き合ってきましたが、これからは抗がん剤の服用がなくなり、副作用も少しずつ消えていくと思います。

 多くの方々にご迷惑とご心配をおかけしてきましたが、今後は、胃のない生活に慣れながら、少しずつお付き合いもさせていただこうと思いますので、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(4)元肥をしました

2017-04-01 | 慣行農業

 今日(1日)は時間があったので、畝の中ほどの土を起こして、菜種かすなどの肥料を入れ、その後で土をかけて戻しました。栽培方法を書いたサイトでは、元肥は植付けの2週間前だと書かれていたので、ちょっと早すぎたかな?
 この畑を耕す前、この畝のあたりに笹や枝を燃やした灰を撒いていたので、灰の成分も土に混ざっています。
 今日、1畝追加したので、甘長トウガラシ用の畝が11畝となりました。

 また、畑の小川側で、電気柵を張っていないところにも溝を切りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(3)畝を立てました

2017-03-30 | 慣行農業

 今日(30日)は畑の周りに幅1メートルの畝を立てました。これは、甘長トウガラシ用の畝です。
 畝の長さは5メートル毎に切り込みを入れました。この幅1m×長さ5mの畝がほぼ10枚(1枚だけ1m×3m)できました。

 今日の作業は、休み休みですが鍬を持って3時間ちょっとやりました。体力を使い切ったー!という感じです。
 胃を全摘して1年近く。何とか農作業が続けられるようになりました。この3時間の中の休憩で、最初はバナナ1本、次はホットケーキ半枚、その次もホットケーキ半枚を食べて、昼の食事量を補いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(2)畑を曳きました

2017-03-29 | 慣行農業

 今日(29日)は、トラクターで畑を曳き(耕し)、周りに溝を切りました。

  なお、この畑へ行くには細いあぜ道しかないため、トラクターで湛水田を横切らなくてはなりません。

 湛水田にトラクターが通った跡が付きました。これがあるので、これまで畑をあまり曳いたことがありませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘長トウガラシとサツマイモを育てます(1)トウガラシ播種

2017-03-28 | 慣行農業

 昨日から今日にかけて、伏見甘長トウガラシをポットに蒔きました。そして、種を蒔いた141個のポットを庭の4か所に置いています(写真。ワサビ菜や春菊、苺などの隙間にも置いています)。

 今年はサツマイモを育てようと思いましたが、父母には「イノシシの食糧になるのが落ちじゃ」と言われました。

 畑の周囲には電気柵を張っているのですが、サツマイモの臭いには魅力があるようなので、イノシシが嫌いなものを柵の内側に植え、その中にサツマイモを植えようと考えました。イノシシはニンニクが嫌いだと聞いていたのですが、サツマイモの生育時期とはかなりずれているので諦めました。

 唐辛子には、イノシシが嫌いだと言われているカプサイシンが含まれていて、サツマイモと生育時期が似ているようなので、伏見甘長トウガラシを種屋さんに注文して、昨日届きました。

 ポットにはだいたい1粒ずつ(2~3粒ずつのものもあり)蒔きました。購入した種袋には、165粒入っていたことになります。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼの湛水は不足気味です

2017-03-20 | 冬期湛水田
 田んぼの湛水は不足気味です。

 小川から水を引いているパイプは、大雨で流されることがあり、今では貰い物の数メートルのものをつないで使っています。つなぎ目に枯れ葉などのゴミがつっかえたりして、水が通りにくくなったり、少し短くて不都合なところもあり、十分な水が田んぼに入っていません。

 雨の日は田んぼ全体が湛水するのですが、晴れてくると干上がる部分が出てきます。

 パイプを改善しないといけないかなと思っています。

 今日(19日)は、しばを集めて下段の田んぼに撒き、トラクターで耕うんしました。

 前述のように水が十分にはないので、中段と下段の田んぼは湛水田になりません。草やしばなどを入れて耕し、稲が少しでもよく育つようにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発訴訟・前橋地裁判決に対するコメント(岡山・安田弁護士)

2017-03-18 | その他
3月17日、福島原発岡山訴訟(おかふく)サポーターズのMLに、原発避難訴訟・前橋地裁判決についての岡山訴訟の保田弁護士からコメントが届きました。

 国が規制権限を行使しなかった責任を認めている点は妥当としている一方で、実際に原告に発生している損害について,損害が発生していないと判断されている原告の方が多数おられる点はもちろん,損害が発生していたと判断された方についても,認容されている金額がかなり低いのではないかという印象と言われています。

 写真は、庭のブロッコリーです。葉っぱが野鳥に突かれるのでネットをかぶせていたら、収穫時期が少し遅れて、茎が伸びていました。でも、おいしく食べられました。

おかふくサポーターズの皆さま

弁護団の安田です。

遅い時間に申し訳ありません。

すでにMLにも流していただいておりますが,本日,前橋地方裁判所にて判決がありました。

前橋地方裁判所では,福島県内からの避難者137名が原告となって,国と東京電力を相手に1人あたり1100万円の請求をしていましたが,原告のうち62名に,合計3855万円が認容されました。

原告の内訳は,避難指示等区域内の原告が72名,自主的避難等区域内の原告が58名です。
提訴後お亡くなりになられている方については,相続人が原告となっているようです。

避難指示等区域内の原告72名のうち,認容された方は19名で,最高額が350万円,最低額が75万円です。
自主的避難等区域内の原告58名のうち,認容された方は43名で,最高額が73万円,最低額が7万円です。

判決の中で,東京電力は,福島第一原子力発電所の敷地高さを超える津波が到来することを平成14年7月から数か月後には予見することができ,配電盤,非常用ディーゼル発電機を建屋の上階に設置するなどすれば,原発事故が発生することを回避することができたと指摘しています。
また,国は,東京電力が原発事故が発生することを回避する措置を講じるよう命令する権限があったにもかかわらず,この権限を行使しなかったとして,国家賠償法1条の責任があるとしています。

このように,国が規制権限を行使しなかった責任を認めている点は弁護団として妥当であると考えています。

しかし,実際に原告に発生している損害について,損害が発生していないと判断されている原告の方が多数おられる点はもちろん,損害が発生していたと判断された方についても,認容されている金額がかなり低いのではないかという印象です。

個々の原告の方がどのような主張をされ,どのような理由で金額が認定されたかまでは現段階では把握できていませんが,裁判所の判断が,被害の実体に即したものであるかは疑問です。

今後,前橋地裁の判決を踏まえ,どのような主張を補充しなければならないかなどについて全国でも議論をいたしますし,当弁護団でも議論をしたいと思います。
そして,裁判所において,被害の実体に即した適切な判断がされるよう引き続き努力をしたいと考えております。

以上,御報告です。

--------------------------------------------
み ど り 法 律 事 務 所
     弁護士 安 田 祐 介

〒700-0807 岡山市北区南方1-7-21
        SUMIKAビル2階
    TEL: 086-234-0008
    FAX: 086-234-0109
E-mail: midori-yasuda@midori-law.jp
--------------------------------------------

Subject: [okafuku-SP 52] Fw: [okafuku 111] 群馬の判決

おかふくサポーターズの皆さま

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170317/3014041.html
原発避難訴訟 国と東電に賠償
03月17日 15時26分 NHK
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、群馬県に避難した人など130人あまりが起こした裁判で前橋地方裁判所は、国と東京電力の責任を認め、賠償を命じる初めての判決を言い渡しました。
判決では原告のうち62人に、総額3800万円あまりを賠償するよう命じました。
この裁判は、原発事故の避難区域や福島県のそのほかの地域から群馬県に避難した人ら137人が、生活の基盤を失うなど精神的な苦痛を受けたとして、国と東京電力に1人あたり1100万円、総額およそ15億円の慰謝料などを求めたものです。
裁判では、国と東京電力が大規模な津波を事前に予測して被害を防ぐことができたかどうかや、東京電力が避難者に支払っている慰謝料の額が妥当かどうかが争われました。
17日の判決で、前橋地方裁判所の原道子裁判長は、国と東京電力の責任を認め、原告のうち62人に総額3800万円あまりの賠償を命じました。
全国の18の都道府県で1万2000人あまりが起こしている集団訴訟では初めての判決で、国と東京電力に責任があるとする初めての司法判断が示されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業壊す「競争力強化」など8法案

2017-03-12 | その他
 政府は「競争力強化」の名のもとに、農業に関わる物資を農協から民間企業に「開放」しようとしています。

 右は『しんぶん赤旗』の記事ですが、同紙は3月6日の”主張”に続いて、7日から5回の連載で「農業壊す『競争力強化』」を掲載しました(右の記事をクリックすると連載等のPDFファイルにジャンプ)。

 2015年に農協法「改正」で農協の弱体化が開始されましたが、昨年秋には政府が「農業競争力強化プログラム」を決定し、それに沿って今国会に8本の法案(農業競争力強化支援法案、主要農作物種子法廃止法案、農業機械化促進法廃止法案など)を提出する予定です。
 すでに、種子法の廃止法案が提出されているようで、8日に衆院農水委員会で畠山和也議員(共産)が質問しています(右PDFの最後に掲載)。

 これらの法案は、「農業競争力強化」をうたい文句にしていますが、農業者がつくった組織である農協を弱体化させて、種子や農産物、農業資材などを民間企業に「開放」し、より一層、農業を企業(海外も含む)による利潤獲得の場にしようとするものです。

 中小規模の農家は経費高や価格低下などで廃業に追い込まれ、農業や農村の破壊が加速されることになります。

 2月6日に関係7団体が、安倍政権の地域農業・農協つぶしに反対し、食糧・農業・地域を守るアピールを出していますが、まだ広がりがありません。

 日本の農業と食糧、地域社会を守るため、競争力強化法などの成立を阻みましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加