桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

アポロドッキングがたった3時間他 2016年09月18日

2016年09月18日 | 政治
 東京は曇り時々雨です。台風16号の「予想」進路は大阪、名古屋、埼玉東京を直撃する「オールスター」コースです。米国内ではマッハッタンや退役軍人マラソンなどで爆弾騒ぎが起きています。ミニ911にも見え、誰が得をするのかの観点からはヒラリ候補の痙攣スキャンダルのダミーに見えてしまいます。「テロとの戦い」が続け易くなりました。ニューヨークでは国連総会が行われるそうです。
 アポロ11号は1968.5.12の4時22分に月面から離陸し、8時03分に司令船とドッキングしました。3時間41分でドッキングの離れ業です。現在でも国際宇宙ステーションにドッキングするのに1~3日かかっています。レーダーやGPSが無く、恐らくはビーコンも無く、速度が地球周回速度の1/6のマッハ4とは言え、地球から遠く離れた漆喰の月でドッキングは有り得ません。3~4時間は目の前に居る帰還船と司令船がドッキングしハッチを開けるのに要する時間で、しかも運が良い場合だと思います。姿勢制御に使った噴射が公式記録では数回程度であり、有り得ません。目視で百回は必要と想像されます。10分に1回マニュアルで噴射出来たとしても半日はかかります。自立したコンピュータドッキングの技術が1968年に有ったなら、多くの人工衛星を同じ軌道にして「修理衛星」が活躍している筈です。1968年にはパソコンは無く、白黒テレビや黒電話の時代です。しかも計画や設計、製造や試験は少なくてもその5~10年前でしょう。戦後十数年しか経っていないのにそんな凄いジャイロ付きコンピュータが有ったのなら、実物やデモが博物館で公開されている筈です。1968年には既にジャイロ付き自立コンピュータで、遠隔無線操縦で無く戦闘機や旅客機を自動操縦出来て居た事になります。だったらまず無人の着陸船や司令船で月の石を持ち帰るべきでした。
 米軍が停戦中のアサド政権軍を空爆し、国連で緊急安保理事会が開かれています。そんな会場の近くで爆弾事件ですから、米軍のシリア政府軍への空爆を誤魔化すダミーと見られても仕方有りません。米国民の目は停戦中に卑怯な米軍空爆による殺戮より、マンハッタンチェルシー地区の爆弾事件へ向けられています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒラリ候補は癲癇(てんかん)?... | トップ | 何れは無国籍核テロへ他 201... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。