桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

中間報告型の強行採決の大暴挙他 2017年06月14日

2017年06月14日 | 政治
 法相問責と特命相問責が今日否決され、午後や夕に法務委員会の時間が残ります。当然に強行採決を狙っているので、民進党は不信任提出を検討中だそうです。内閣不信任は伝家の宝刀ですから、最後まで取って置くべきで、内閣問責を今日午後に、可能なら出来れば明日に提出すべきです。「強行採決は最後までさせない」の基本姿勢が重要です。今日6/14(水)午後に内閣問責提出すれば、6/15(木)に否決です。ここで内閣不信任など数本の不信任を提出すれば、6/16(金)は潰れます。異例な6/17(土)、6/18(日)は欠席で良いと思います。6/14午後の衆議院の法相不信任提出で、明日6/15午前が潰れないでしょうか。
 法相問責否決の後の今日午後に、衆議院で法相不信任と特命相不信任の提出では、午後の参議院法務委員会の再開は止められないのでしょうか。もし衆議院での不信任提出で明日の午前まで潰れれば、明日の6/15午後に内閣問責を出せば、6/16(金)の午前までは潰れます。6/16午後に衆議院で内閣不信任など数本を出して、後は頑張るしかありません。
 今日の参議院は問責2本の否決で終わりの様で、法務委員会再開は明日の予定だそうです。委員会再開すれば直ちに強行採決でしょうから、野党は内閣不信任を明日の6/15(木)午前に提出する予定だそうです。6/16(金)は不信任否決で閉会になる筈です。時間が余れば内閣問責提出の時点で実質的閉会です。何だ廃案が前から決まっていたのかと感じます。内閣問責を出すまでも無く閉会と言う事です。共謀罪法案が余りに酷く、国民も安倍内閣を見放したので、楽勝だった模様です。
 自民党が非常識にも土日に委員会強行採決と参議院採決するつもりなら、土曜日の午前中に内閣問責提出し、日曜日に内閣問責否決で閉会です。
 ロンドンで24階建てのマンションが火災だそうです。BBCやNNN系は建物が倒壊する恐れが有ると報道していますが、24階建てなら格子状の鉄骨構造であり、火災では倒壊しない筈です。意味不明な報道です。
 明日の6/15(木)午前に参議院法務委員会が再開される前に、文科相不信任と内閣不信任が提出され、6/15の委員会強行採決は不可能になります。6/16(金)午前中辺りに文科相不信任否決、昼か午後辺りに内閣不信任否決で、実質的に閉会の運びの様です。内閣問責の出る幕も無く閉会と思われます。再度、お疲れ様でした。民進党の議運の舵取りが功労賞だと思います。
 今夕に自民党が大暴挙に出ました。中間報告型の本会議強行採決です。ピケでも牛歩でも何でもやって、休会に持ち込むべきです。明日午後から本会議が再開されれば、不信任や問責の連発で時間切れを狙えます。
 参議院本会議が何処まで暴走したかは分かりませんが、本日休会にして明日午後から再開とすべきです。
 参議院本会議の票決中であり、強行採決が成立しそうな事態です。
 中間報告型の強行採決を当然の如くやって来るのなら、参議院本会議は開けず、内閣問責は6/18(日)午後まで可能なら温存すべきです。ここは衆議院に明日、不信任提出を連発して貰い、必要ならピケでもして一日潰すべきです。6/16(金)は数本の不信任を否決し、更に内閣不信任を否決し、目出度く閉会が良いと思います。安倍内閣が一歩引けば、もう暫くは続投が可能です。強行採決すれば、野党と国民を完全に敵に回し、安倍内閣に今秋は在りません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特番 委員会強行採決させな... | トップ | 専制化暴走を止めよう他 201... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。