桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

朴槿恵大統領下ろしはペテンTPP加盟誘導他 2016年10月29日

2016年10月29日 | 政治
 ヒラリメール問題の捜査をFBIが再開するそうです。大統領選を接近戦にして大騒ぎするブラフではと想像します。結局はヒラリ候補に勝たせるのでしょう。もしヒラリ候補が負けそうになれば、虚構資本詐欺の私物である全米マスメディアが選挙操作に総動員されます。トランプ候補の出鱈目な疑惑をでっち上げても、投票日までグレーなままでしょう。
 朴槿恵大統領支持率が史上最低だそうで、韓国はペテンTPP加盟の為に、情報操作が始まったと考えます。ただで無限に金が作れる虚構資本詐欺が支配した、韓国の財閥やメディアを使って、奴隷にされるペテンTPPの加盟へ誘導して行くのでしょう。余り乗る気で無い朴大統領は邪魔なのです。父親がKCIAに暗殺された韓国政治史が有ります。
 警察庁長官が全国の警察本部長を集め、捜査用カメラの使用は事案を鑑み指導する事としました。つまり必要が有れば違法カメラの使用は続けると言う事です。住居侵入と言う警察公務員犯罪を犯したとする認識や反省、改善計画が無く、罷免すべきです。
 安倍内閣の行政レビューなるものは、人気が有った民進党の仕分けのパクリでしょう。
 ヒラリ候補へのFBI再捜査で、もしトランプ候補が11/8で勝利すれば、ペテンTPP強行採決した安倍内閣の政治責任は避けられず、内閣総辞職になりかねません。会期延長が不要な最終日な11/1に強行採決するのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペテンTPP強行採決阻止には支... | トップ | 永久的奴隷にされる瀬戸際他... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。