桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

米比近海衝突は代理戦?!他 2017年06月19日

2017年06月19日 | 政治
 「マクロン党」が圧勝の様ですが、失業対策を期待してだそうです。NWO側に経済対策や失業対策を求めるフランス国民の民度が分かります。NWOの当面の撒き餌は失業対策なのでしょうか。都民ファースト系が過半数の勢いですが、エセ反自民は直ぐにメッキが剝がれ、景気対策や失業対策で実績が出ないと、オリンピック準備だけでは直ぐに支持を失いそうです。
 MRJがフランスの航空見本市に参加したそうです。航続距離が3000km級なので、途中で2~3回給油してフランスまで行ったと思われます。国内線程度の距離にしか使えない、エンジンがプラットアンドホイットニー社で純日本製とは言い難いなど、米国から開発抑制を受けているのではと想像出来ます。YS11に外国製のジェットエンジンを積んだだけに見え、第二次世界大戦中なら数カ月で作れた気もします。イージスや最新戦闘機のステルス性と言え、全く追い付きも出来ない迎撃ミサイル網と言え、軍事産業は大嘘が多いです。イージス艦は衝突で沈没する程脆弱な軍艦です。魚雷一発や爆弾一発で轟沈でしょう。空母の船体も同様に脆弱な筈であり、東京湾で空母が衝突で浸水沈没し核爆発を起こして東京が帰還困難地域は、杞憂とは言い切れません。
 フィリピンにイスラム国の外国人戦闘員が入り込んでいるそうです。島伝いの密入国や観光ビザでも入国出来るでしょうが、米軍基地からなら匿名で密入出国出来ます。日本もイザとなれば在日米軍基地から外国人戦闘員が流入する危険があると想像出来ます。ルテルテが先ず麻薬撲滅を図ったと言う事は、イスラム国と麻薬組織に繋がりが有る筈です。麻薬の最大消費地は米国ですし、人権を口実にルテルテの抑制を謀った米国政府或いは虚構資本詐欺は、イスラム国の司令者と想像出来るのです。
 空想として、もしフィリピンコンテナ船が下の方のコンテナ内に巨大水爆を隠し持っていたなら、米駆逐艦は停船命令や臨検出来ません。強制的に乗り込めば、付近の海岸諸共吹き飛びます。純粋水爆は放射線検知器には引っかからず、発見は容易ではありません。公海上で軍艦が臨検出来る時代は終わりそうです。北朝鮮貨物船が水爆武装して世界中を闊歩する時代が来そうです。米空母艦隊に貨物船で追突すれば、海戦に勝ちます。
 ロンドンでまた自動車テロが有った模様です。今度はイスラム教徒が跳ねられており、一見ロンドン市民かキリスト教徒、或いは極右による報復テロに見えますが、民族間や宗教間の対立を煽る偽旗テロと読みます。
 FNN系の世論調査で共謀罪賛成の方が多かったのは、他の世論調査と矛盾し、捏造と考えざるを得ません。調査方法に問題があるのか、調査母集団が無作為で無いのか、調査結果を修正しているのか、全くの出鱈目な数字を公表しているのか、疑問を感じてしまいます。
 米イージス艦とフィリピンコンテナ船の衝突は、フィリピン軍と米国傀儡と噂されるイスラム国の代理戦なのでしょうか。フィリピンに巡視船を無償譲渡した安倍内閣は、米軍にとって邪魔な存在になりつつあると言う事でしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新SM3でもマッハ14、迎撃ミ... | トップ | フィリピンイスラム国の兵站... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。