桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

自民党の新迎撃システムはムスダンに全く届かず他 2016年10月17日

2016年10月17日 | 政治
 新潟知事選は反原発の野党系新人が当選したそうです。報道されない新潟県民の意思は反原発でした。全国的にも住民レベルでは反原発の様です。再稼働を目論む他の都道府県の知事選も逆転が予想されます。53万票対47万票の僅差であり、共産党の立候補断念も大きそうです。
 イラク軍のモスル奪還戦が開始されました。モスルは10月に入ると涼しくなるそうです。モスルを奪還すると、北イラクのイスラム国勢力は一掃でき、イスラム国はトルコに加えて北イラク経由の兵站を失います。袋のネズミ状態になり、壊滅は時間の問題です。モスル奪還の朗報は何方の候補者に有利に働くかは分かりませんが、中東情勢が安定化すれば非エスタプリッシュメントなトランプ候補に有利と想像出来ます。米軍らの有志国が空爆に参加するそうですが、イスラム国のスポンサーは米国やサウジなどと言われ、白々しいです。
 韓米日政府と御用マスメディアは北朝鮮のミサイル発射をムスダンの失敗と決め付け大衆操作しています。北朝鮮は祝日でないので、米韓合同演習に刺激し過ぎ無い様に、途中で自爆させた可能性も有ります。射程4000kmのムスダンなら東京へ水爆攻撃するのに、高度3000km位まで取れます。イージス艦の迎撃ミサイルSM3は最高高度500km、THAADは最高高度150kmであり、飛翔高度だけでも全く届きません。最高高度は速さの反映でも有ります。北朝鮮の弾頭が自然落下する事を前提にしており、意図的に楽観視されて居ます。迎撃猿芝居の米日韓は恥知らずで無責任です。自民党の新迎撃システム導入は税金の無駄です。ロケットエンジンに多少の性能差は有るでしょうが、ミサイルのサイズ=射程の長さ=飛翔速度です。イージス艦に幾ら大型ミサイルを積んでもテポドン1や2のサイズには敵いません。
 モスルの人口はイラク第2位で150万人だそうです。イスラム国が米国らの傀儡ならば、「名誉有る撤退」しラッカなどへ移動すべきです。イスラム国に北イラクを支配されているイラク政府とクルド人部隊が仲が良く、トルコとクルド人部隊が戦争状態と言う事は、トルコがイスラム国と仲が良かった傍証になります。エルドアン政権が急にイスラム国と戦争を始めようとしたので、米軍の息のかかったトルコ軍将校にクーデターを起こさせたとする推理は妥当だと思います。
 米国は簡単に代理クーデターを起こします。ペテンTPPは恐ろしいです。衆議院だけで条約批准出来るのは残り2週間です。ペテンTPPの中身も分からず、2週間以内に強行採決するつもりなのでしょうか。それとも米国からの経済報復を免れる為の単なるアリバイ工作なのでしょうか。条約批准しても関連法案は時間切れで成立せず先送りする玉虫色になるのでしょうか。
 神舟11号が今日打ち上げられ、中国の宇宙ステーションの走りである天空2号と2日以内にドッキングするそうです。1969年のアポロ11号は月周回軌道で3~4時間で数回の噴射だけで予定通りドッキング出来たとされ不自然です。コウノトリの日本製小型宇宙ステーションを打ち上げ、別なコウノトリで日本人宇宙飛行士も後で打ち上げドッキングさせ、そのコウノトリ宇宙船で帰還すれば日本製宇宙ステーション実験は成功です。年間宇宙開発費が10倍要るは嘘であり、二機のコウノトリで可能であり、現在の予算枠でも出来る筈だと思います。GPSなどで1秒以下毎に三次元で位置や飛行コースが分かる時代に「2日以内」の時間がかかるのに、真面なビーコンすら無さそうな1969年に月の裏側を通る軌道で3~4時間で目視的にドッキングは有り得ないと感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒラリ優位変わらず他 2016... | トップ | モスルで携帯が利用出来る不... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。