桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

kWh standard (my private opinion) Dam is bank 他 2017年03月08日

2017年03月08日 | 政治
 日米のプロ野球試合に、多数の警官が特別警戒と称し警備員の肩代わりしました。プロ野球は有料チャンネルで観る時代になり、一般人からの反感は少なくなりました。数チャンネルしか無かった時代に、毎日プロ野球の話題ばかり一方的に垂れ流して居た頃とは全く別な状況です。勝手な趣味で勝手に集まるのは個人の勝手です。社会全体や国全体をあげて取り組んでいる芝居は終わりにすべきです。政治課題すり替えやメディアへの公費支出に他なりません。
 避難区域がどんどん縮小され、責任逃れが横行しています。民進党は原発廃止がややトーンダウンしていますが、小選挙区制による二大政党制傾向があるので、党束の緩さは必要です。避難地域の住民の方々は、責任逃れの安全デマに騙されず、賢く判断すべきです。春一番の砂埃は気象衛星でクッキリと描出されています。黄砂が中国大陸から飛来し鼻炎や喘息を引き起こすのですから、除染したどころで周辺市町村へ拡散しない道理は有りません。安全デマを垂れ流す輩は「その他の組織的犯罪集団」に該当すると私は思います。
 安倍小学校理事長の招致を拒む自公は国民からの批判を受けるべきです。一般人だからと言う理由も酷い口実であり、明らかに疑惑隠しです。
 今後二次回収石油や天然ガスの枯渇が顕著化すると、オイルダラー経済や虚構資本詐欺経済は破綻します。すると高効率長期耐用低価格な太陽電池などから生産された電気が金本位制ではなく電力本位制(私説) kWh standard (my private opinion)として出現するのではと考えます。kWh経済学(私説)とでも呼ぶべき新経済です。クワバラクワバラ。現在1kWhは約20円です。1万円は約500kWhです。怪しい仮想通貨よりマシだと思います。国家が電力供給とkWh使用を法的に保障すれば足ります。「実体」が在り、虚構資本や国際紛争を生ぜず、インフレが有ったとしてもマイルドです。個人や企業の発電も増えるでしょう。ポストピークアウト経済Post Out of Peak economicsです(私説)。Dam is bankなのです。「中央発電所」の国営化が必要だと思います。通貨総額は例えば発電設備の償却を40年と考え年間国内発電能力の20年分と条約で決めれば良いのです(私説)。
 共謀罪提出は17日以降と報道が有りました。17日は3連休前の金曜日ですから、早くても3月下旬になりそうです。仮に衆議院通過が4月末とすれば、ゴールデンウィーク明けから参議院審議入りし、5月末に成立は可能です。6月からは都議選モードです。法案内容は出鱈目ですが、数で押し切る可能性が有ります。安倍小学校問題で安倍総理が答弁出来ず共謀罪が廃案になるのなら、内閣総辞職も有り得ます。
 金正男の息子、妻、娘が脱北者団体に保護されているそうです。脱北者団体と言いますが、恐らくは韓国政府がスポンサーでしょう。CIAかも知れません。故金正男ファミリーは韓国に堕ちた模様です。これでは北朝鮮に暗殺されても無理からぬ様です。
 群馬の病院でノロ感染死者が出てしまいました。院内感染と報道されていますが、立川市の給食ノロがあり、保健所の「調理師の素手が原因妄想」が改善したばかりです。食品なのかヒトヒト感染なのか鑑別が必要です。厚労省や都道府県当局、保健所の「院内感染妄想」は治療して貰いたいです。
 横須賀市内に二酸化ウランから沸騰水型の燃料集合体を作る工場が在る様です。MOX程では無いですが、核爆発するリスクは有ります。横須賀市は原子力空母が核爆発しかねず、北朝鮮の水爆ノドンが飛んで来るかも知れず、核燃料工場は核爆発するかも知れず、NWO系の総理大臣を出した街ですが、良く分からない街です。
 CIAはスマホ盗聴やネット接続テレビによる盗聴などの技術を保有して居るそうです。自動車にもウィルス感染させるつもりだそうで、ウィキリークスが暴露しました。米国製自動車はウィルス感染し易そうな感じがし出しました。何れ簡単に交通事故が起こせるようになるのでしょう。旅客機も心配です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「テロリズム集団その他の組... | トップ | C2+巡航ミサイルで攻撃は可能... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。