桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

名采配で問責提出の快挙他 2017年06月13日

2017年06月13日 | 政治
 午前中は参考人質疑が行われており、午後強行採決の予定に見えます。昼に盲目的に法務大臣問責を提出して良いと思います。刑法改悪など今不可欠な法案では有りません。会期延長したら、野党は挙って欠席すれば良いのです。委員会強行採決後の問責は無意味ですから、強行採決の兆しが有るのなら、盲目的にも法相問責案を提出し、審議を止めるべきです。6/13昼か午後に法相問責提出すれば、6/14(水)午前に否決されます。6/14午後の委員会で強行採決されるので、内閣問責を提出します。6/15(木)午前中に問責が否決され、直ちに法相不信任と内閣不信任を提出すれば良いのです。6/16(金)不信任否決で、目出度く閉会です。強行採決させずに法相問責を提出するのが、勝つキーポイントです。強行採決されたから問責すると言うプロセスを踏むと、共謀罪は可決成立されてしまいます。強行採決の前に問責さえ提出すれば勝てます。今日の昼に盲目的に問責提出でも良いと思います。
 銀座を縄張りにしてみかじめ料などを広く継続的に脅し取っていた暴力団組長が逮捕されました。警察署の怠慢か癒着です。検挙率4割に有るまじき醜態です。余罪千件とすると、検挙率0.1%であり、毎日銀座をカラ勤ブラ勤している所轄警察署の目は節穴です。何処がサイレンを鳴らして毎日忙しく走り回っているでしょうか。殆どが仕事をしている猿芝居であり、一般の交通の妨害をする偽計業務妨害だと思います。
 強行採決を許したとする悲報は入っていません。強行採決される可能性が低く無いのなら、盲目的に法相問責を提出すれば勝てます。みすみす引き金を渋って負ける必要は有りません。安倍内閣や自民党は支持率が大暴落中です。共謀罪は国民の過半数は反対しており、国民の殆どが先送りを求めています。正義はこちらに在ります。
 反原発訴訟が悉く負け、再稼働が進行して居ます。北海道の泊原発は日本海の外海に面した石油タンクの様な光景です。平成5年の北海道南西沖地震では最大遡上高30m超で、島の多くの住民が犠牲になりました。震源地は泊原発の目の前と言えます。何処が原発の安全対策が十分なのでしょうか。政官産学マスメディア+裁判所は全員大嘘吐きです。
 法相問責やお友達特区関連の特命相の問責の二本が提出され、委員会強行採決は避けられました。民進党議運の名采配であり、これで勝算が高まりました。問責否決は6/15(木)になるそうです。否決後委員会再開の直前に内閣問責を提出すれば、採決は6/16(金)になり、目出度く閉会です。土日も開会する気なら、6/16に法相不信任、特命相不信任、伝家の宝刀の内閣不信任提出で、6/17(土)、6/18(日)は潰れ、不信任否決の直後の委員会再開は難しく、目出度く時間切れ廃案です。強行採決を支持する世論は皆無です。ついでに官房長官と文科相の不信任も提出すべきです。委員会強行採決は最後までさせないのが勝利への道です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の6/13午後に法務大臣問... | トップ | 特番 委員会強行採決させな... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。