桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

「スクランブル発射(私説)」も出来ない10時4時公務員他 2017年03月06日

2017年03月06日 | 政治
 北朝鮮が排他的経済水域へ4発発射し1000km飛翔したそうです。北朝鮮東京間が1000kmなので、今更ながらですが北朝鮮は東京を核攻撃出来るミサイルを保有して居る事を実証しました。テポドンで中型水爆を太平洋岸沖へ落とせば、津波兵器になります。ノーコンでも構わない戦術です。得意の落下地点を公表せず、北朝鮮製ミサイルの性能を隠す世論操作して居ます。午前7時台に発射しており、9時5時公務員、10時4時公務員の裏をかかれて居ます。自衛隊基地、永田町や霞が関、警察署はもぬけの殻です。次はゴールデンウィーク中でしょうか。迎撃ミサイル網に本当に実力が有るのなら、撃ち落とさなくてもかすめる「スクランブル発射(私説)」すれば良い筈ですが、レーダーの性能ばかり自慢します。超高高度ですから捕捉出来て当たり前です。レーダーは漁船も真面に描出されず、船舶衝突や防波堤激突、座礁は日常茶飯事です。超低空水爆特攻なら見落とすでしょう。訓練や予行でも「スクランブル発射」出来ないのですから、有事の際に迎撃出来る道理は有りません。戦闘機を約400機も保有しながら、年間1000回以下のスクランブルを激務と報道する御用マスメディアに中立客観性など存在しません。米韓軍事演習への牽制とする報道が有ります。1000kmは横須賀や横田、厚木を想定した発射なのかも知れません。在日米軍基地周辺に水爆弾頭が飛翔して来る可能性は住民に説明されて居ません。基地の配置は水爆戦を想定し、島嶼移転すべきです。
 JNN系世論調査で漸く安倍内閣支持率や自民党支持率の下落傾向が鮮明になりました。参議院予算委員会であと2週間くらいアッキード事件の追及が可能です。世論は徹底究明を求めており、安倍総理辞職も有り得ない話ではありません。安倍小学校の校舎は神社か神棚に見えます。邪まな小学校はこのまま廃止し、市が激安で買い取り地域コミュニティセンターにでもすべきです。
 トランプがオバマが盗聴したと議会に調査を依頼しました。米国では捜査権の乱用が日常茶飯事な様です。日本でも捜査権や調査権、許認可権や徴税権、交通指導や警ら、「緊急車両権やサイレン権(私説)」などが乱用されているのでしょう。
 自衛隊のC1輸送機より2回り大きいC2輸送機は12tを積んで6500km飛行出来るそうです。中国の最奥地まで往復出来ます。10キロ水爆(パラシュートを含め)なら1200発搭載でき、「クラスター輸送機(私説)」です。3秒に1発投下すると、約1時間EMPが出っぱなしになります。北京や上海などの大都市を戦闘機やオスプレイ、小型機やヘリなどで水爆攻撃出来ます。日中戦争は逆の意味でも有り得ません。無駄な挑発報道は止め、地道な貿易や外交に努めるべきです。九州から北京まで1400kmであり、30分から2時間の距離です。「クラスター輸送機」1機が小型水爆を投下し続けている最中に、日本から離陸した多くの航空機が北京に到達します。落下傘部隊はマネキンの方が価値が有りそうです。
 ミサイルは秋田沖に墜落したそうです。コースとしては周辺国に配慮しており、リーズナブルです。韓国は財界トップが逮捕されるなど内政が不安定化しており、気が気で無い模様ですが、日本人はまたかと慣れて来た様です。
 オバマ政権が独仏首脳などの電話盗聴して居たのに、政敵トランプの電話盗聴しない道理は有りません。スキャンダル1つで大統領選の決定打になったからです。トランプ発言を非難する米国メディアはNWOの飼い犬であり、そのまま報道する日本のメディアも飼い犬です。
 都バスが燃料電池バスを運用するそうです。東京オリンピックの国際的話題にするつもりです。水素ガススタンドの爆発事故が先進国で見られ、手放しで賛成しかねます。水素ガスで原発建屋が空中分解したとしているのに、ちゃらんぽらんです。地下駐車場で燃料電池バスから水素が漏れたら原発建屋と同じ運命になる説を唱えて居る筈ですが、気にもしていない様子です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水爆ドローン深海艇(私説)他... | トップ | 「テロリズム集団その他の組... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。