桑島康文 公式ブログ kuwajima yasufumi h0d@j

from Tokyo h0d@j blog.goo.ne.jp/kuwajimakuwajima

専制化暴走を止めよう他 2017年06月15日

2017年06月15日 | 政治
 今日未明のまさかな強行採決は言語道断です。劣化した自民党政治の専制化暴走であり、多様な面で阻止すべきです。警察検察の運用を抑制するとか、メディアに批判を注釈させるとか、国民の危機感を維持するとか、色々な出来る事が在る筈です。反対運動を特定の人に押し付けて居ては、止まりません、勝てません。
 戦後焼け残った地区や掘立て小屋や長屋の地区などの路地は、50年くらいかけて4m道路にする努力を続けて来ました。延焼し易く、救急車や消防車も入れないのが理由でした。その後の約50年は平成に入り約2世代をかけて、4mを1m歩道分が確保出来る6m道路に拡張の努力を続けて居ると思います。更に将来は8~10m道路に拡張し1~2mずつの段差の有る歩道を作り、2車線道路にし、環境整備する筈です。車が入れない路地から4m道路、6m道路、8m道路と、それぞれ約50年ずつかけて拡張している最中です。シリア北部やイラク北部にアルカイダやイスラム国などのテロ組織が入って来ました。第二段階として米国の傀儡と言えるクルド人部隊が占領しつつあります。第三段階としてCIAや米軍がクルド人部隊に代わり政治や軍事を担う筈です。更に第四段階として、米軍は離れ、虚構資本詐欺の私物になります。「維新」を考えてみると、1800年初めから黒船来航し悪さしましたが、江戸幕府末期とは言えうち払いました。それから約50年後の1868年明治維新になりました。これを第二段階と捉えると、1945年の原爆で敗戦、傀儡政府は第三段階と言えます。平成に入り虚構資本詐欺にどんどんただで背乗りされています。これを第四段階と捉えられないでしょうか。約50年毎に200年かけて4段階に分けて支配されているのです。路地を追い立てられた住民は、マンションに住むか何処かへ移転しました。50年毎に所得や資産が2倍になるとすると、成長率は2%です。日本は虚構資本詐欺に国土や多数決民主主義を奪われ移民にされる事に気付くべきです。
 最新のパトリオット3は、マッハ5とするサイトも有りましたが、単純計算するとマッハ1.6と出ました。北朝鮮オンボロ戦闘機の中には落とせる機種も有るのかも知れませんが、米軍機は落とせません。中国戦闘機やロシア戦闘機も全く落せません。日米安保詐欺商法です。仰々しく基地外に展開して見せる自衛隊や報道する御用メディアは「宗教団体」なのでしょうか。戦艦大和の46センチ砲は初速マッハ2.4で40km飛びました。PACK3の射程は20km程度です。PACK3はマッハ20の水爆ノドンどころか、何んと旅客機や輸送機、ヘリコプターしか落とせません。安倍内閣は安保詐欺内閣です。
 治安維持法である共謀罪は、警察や検察の運用、裁判や報道などの段階で、チクリチクリとそれぞれが出来る範囲で批判して行くべきです。
 「アポロ劇団」論を良くコメントする私としては、PACK3の茶番ぶりをもう一度検証したいと思います。PACK3の射程は20kmくらい、射高は15kmくらいが大凡一致した相場だと思います。戦艦大和の46センチ砲は初速780m/S、マッハ2.3で、40km飛びました。PACK3の射程は20kmですから、46センチ砲の初速よりかなり遅い事が間接的に証明されます。PACK3の最高速度は単純な計算ですがマッハ1.6と算出されます。最大マッハ1.6では旅客機クラスの速度で無いと撃墜出来ません。マッハ20の水爆ノドンは高度30kmでは殆ど減速されず、高度20kmでも多少減速されるだけです。水爆は高度20kmでも十分な破壊力が出ますし、EMPも出し、核兵器として有効です。水爆ノドンの標的近くでの速度はマッハ20に近く、マッハ1.6のPACK3が当たる可能性は皆無に近いです。自民党内閣、自衛隊や米軍、虚構資本メディア、米国や韓国は皆大嘘吐きか理科音痴です。
 席が隣同士な園児2名の死が意味深で報道されています。まさか、MERSやサーズ、エボラなどの日本上陸で無いでしょうね。サリンや薬品、放射性物質か何かの混入事件と言う事は無いのでしょうか。MERSの症状に似てなくもありません。東京オリンピックは迷惑です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中間報告型の強行採決の大暴... | トップ | PACK3は戦闘機も落とせず安保... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。