起業

2016-10-13 08:04:14 | 日記
 仮定の主婦が起業するといえば、お好み焼きかエステ、ネイルサロンくらいしか思いつかない。

 フィリピンでは、超過激ドゥテルテ政権下で、普通の主婦が起業する場合、

 「殺し屋」も選択肢に入る。

 ドゥテルテ大統領は、警察や市民に、逮捕に抵抗する薬物密売人はその場で殺すようにと指示している。

 その影響か、フィリピンでは過去3000人以上が殺害された。
 
 普通の主婦だったマリアさんは警察が雇う「殺し屋」だ。

 麻薬密売人など、麻薬犯罪者を一人殺すと2万ペソ(44000円)貰えるという。

 ドゥテルテ大統領は、国外からその政策に対して反対の声も多いが、

 国内の支持率は90%を超える。

 家庭内支持率が25%(中国税理士会統計)の私としてはうらやましい限りだ。

 


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名称変更 | トップ | マリアさんの確定申告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。