まだ終わらんよ!

クワヒロ・バラーナのブログ

大人の夏休みの宿題

2006-08-31 | 日記・エッセイ・コラム

 え~、大人にも夏休みの宿題がありまして、8~9割り方終わってると思ってたんですよ。周りからも「ほとんど終わってるから大丈夫じゃん。」っていわれるもんで余裕ぶっこいてたんですわ、ぶっちゃげ。残業で1時間ぐらいやれば終わるんじゃないかと。ところが、、、

 こんな夜中までかかってしまった(>_<)
 

 夏休みの宿題は涼しいうちにやりましょう。キリギリスの気持ちがわかった一日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニフォーム自慢

2006-08-28 | サッカー

 デジカメを衝動買い。早速サッカーのユニフォーム引っ張り出して撮ってみました。

Dsc00004  まずはのユニフォーム。左がザッケローニ監督の元、ビアホフ(FW)やクロアチアの”英雄ボバン(MF)らを擁し、久々にスクデットを獲得した時のモノです。おまけでスクデットのワッペン貰いましたが、つけてません。右はさらに古く、現レアル・マドリー監督のカペッロが率いて三連覇を達成した時のアウェーのユニです。おまけでポスターもらいました。バレージ(DF)やアルベルティーニ(MF)らイタリア代表勢にフランスパパンFW)や”東欧のプラティニ”こと旧ユーゴスラビアサビチェビッチ(MF/FW)らが在籍してました。いずれにせよこの頃のメンツはほとんど引退しましたが、いまだにやってるマルディーニコスタクルタ(DF)はやっぱいすごいですね。

Dsc00007  次はイングランド関連。左がチェルシーのユニです。この時はまさかチェルシーがここまで金持ち&強くなるとは思ってもませんでした。イタリアゾラ(FW/MF)やフランスデサイー(DF/MF)らセリエA出身者がたくさん在籍してましたね。で、お隣がイングランド代表のバッタもん?です。一応はじめて買ったユニフォーム?です。1994年アメリカW杯の時、近所の服屋でバッタもんセールやってまして、オランダもあったんですけど、ちょうどその前に行った店で1990年イタリアW杯の時のプラットのボレーシュート見て買った記憶があります。もっともイングランド代表は予選落ちして、W杯にでれなかったんですけどね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5年目1~6月

2006-08-27 | サカつくEU

2010-2011シーズン、1~6月のトレントCalダイジェストです。

1月

ブレビアリオを9千万円でピアチェンツァに放出。

・指定レンタル移籍でコスタをカタンザーロに放出。

・第18節vsインテル(HOME) ルカレッリが削られ、重傷(全治3ヶ月)。試合は1-1のドロー。

・プライムカップ準々決勝vsパレルモ(HOME) FW陣ケガ人続出でシステムを4-5-1Aに変更。3-0で準決勝進出。

ライモンディを6千万円でアルビーレッフェに放出。

・プライムカップ準決勝vsインテル(AWAY) 延長前半、アルベス決勝弾!1-0で決勝進出。

・第22節vsメッシーナ(AWAY) ソッレンティーノ復帰するもペッレが一発退場。1-2で敗れ、リーグ戦無敗記録は21でストップ。

・1月のセリエA成績は2勝2分1敗で、6位に後退。

ラゾビッチが月間得点王獲得(2得点)。月間ベストイレブンにも選出。

2月

・第25節vsリヴォルノ(AWAY) 2-0で勝つもラゾビッチが削られ、軽傷(全治1ヶ月)。

サヒンタラダリが代表選出。

・2月のセリエA成績は1勝4分で、6位

3月

ラゾビッチサヒンタラダリが代表選出。

・3月のセリエA成績は1勝2分1敗で、6位

4月

ソッレンティーノの人気出しPR失敗。

・第33節vsキエーボ・ヴェローナ(AWAY) プライムカップ得点王(4点)のラゾビッチが削られ、軽傷(全治1ヶ月、プライムカップ決勝は欠場)。試合は0-0。

・プライムカップ決勝vsACミラン(AWAY) 0-1で敗れ、準優勝

・4月のセリエA成績は1勝3分で、7位に後退。

5月

・第38節vsASローマ(HOME) サビハヒブ後半から登場。最後の試合でゴールを挙げ、有終の美を飾る。試合は1-1のドロー。

・5月のセリエA成績は1勝1分1敗、7位で今シーズンを終える。

6月

ラゾビッチサヒンタラダリが代表選出。

・エラス・ヴェローナから移籍金9千万円でペッレにオファー。もちろん断る。

クリズペラにラツィオ移籍の噂。

・選手握手会開催、失敗。

・スタジアムに屋根と2階席アドバタイス設置。

・東・南アフリカに海外拠点設立。

サビハヒブ引退。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年目7~12月

2006-08-27 | サカつくEU

2010-2011シーズン、7~12月のトレントCalダイジェストです。

7月

・スタジアムにスタンドLv.1設置。

・アイントフォーフェンでキャンプ。

・ヨーロピアンリーグ予備選第1試合vsC.モスクワ(HOME) フォリオ1発レッドで退場(0-0)。

・29億6千万円でユベントスからタラダリ(ITA/MF)獲得。

・ヨーロピアンリーグ予備選第2試合vsC.モスクワ(AWAY) カーレンベルグの移籍後初ゴールとソッレンティーノのスーパーボレーで本戦進出決定(2-0)。

8月

ソッレンティーノを人気出しPR。

・サマーフェスティバル開催、失敗。

ベルガメッリを指定レンタル移籍でルートン(イングランド)に放出。

・ブレシアから200万円でカーレンベルグにレンタル移籍のオファー。もちろん断る。

・ヨーロピアンリーグ・グループE第1節vsトロンハイム(HOME) 1-0で勝利。

・第2節vsFCトレント(HOME) ダービーマッチ。4-2で圧勝。

・8月のセリエA成績は2勝で、5位

9月

・不透明サングラス購入。効果有り?

ラゾビッチサヒンタラダリが代表選出。

・9月のセリエA成績は1勝3分、4位に浮上。

10月

・ヨーロピアンリーグ・グループE第3節vsバイエルン(AWAY) 敵地で0-0のドロー。

・10月のセリエA成績は1勝3分で8位に転落。

11月

サビハヒブが引退表明。

ラゾビッチサヒンタラダリが代表選出。

・ヨーロピアンリーグ・グループE第5節vsパリ(HOME) 2-3で敗れ、グループリーグ敗退の危機。

・11月のセリエA成績は3勝1分で、4位に再浮上。

シェーファーフリューレンパスクァルが月間ベストイレブンに選出される。

12月

・ヨーロピアンリーグ・グループE第6節vsトロンハイム(AWAY) 0-0。グループリーグ敗退が決定。

・トリノから移籍金2千万円でタラダリにオファー。もちろん断る。

・プライムカップ2回戦vsサンプドリア(AWAY) 2-1でベスト8進出。

・第17節vsラツィオ(AWAY) 2-0で勝利もソッレンティーノが削られ、重傷(全治3ヶ月)。

ドニを解雇。

・12月のセリエA成績は1勝2分で、5位に後退。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010-2011シーズン開幕

2006-08-27 | サカつくEU

 サカつくEU、5年目を迎えたトレントCalのシーズン開幕プレビューです。

  昨シーズン4位に入賞し、ヨーロピアンリーグ出場権も獲得したトレントCal。さらに上を目指すべく、この夏までに積極的な補強を展開した。カーレンベルグ、メルテザッカー、ルカレッリに加え、開幕直前にユベントスからタラダリの獲得も決定。各ポジションに代表クラスの選手を獲得したことで、スクデットも狙えるだけの陣容を整えた。

 基本はオーソドックスな4-4-2Bだが、カーレンベルグをトップ下で起用する4-5-1Aも選択可能で、バリエーションに富んだ攻撃が可能となっている。

 昨シーズン、ベテランのR・コバチの加入で27失点と強固になったものの高齢化が進むディフェンス陣にはクラブ史上最高額の移籍金となる38億円でハノーバーからメルテザッカーを獲得し、さらに厚みを増している。

・選手紹介 名前、国籍、背番号、ポジション(プレイスタイル)

シェファー GER 1 GK(オーソドックス)・・・チーム不動の守護神。

ピレス FRA 12 GK(なし)・・・ユース出身の第2GK。

ブレヴィアリオ ITA 2 DF(守備的サイド)・・・右SBの控え。

フリューレン NED 3 DF(守備的サイド)・・・DFならあらゆるポジションをこなすSB。

ドニ ITA 5 DF(なし)・・・コバチの加入で出場機会が激減したベテランCB。

R・コバチ CRO 6 DF(スイーパー)・・・バイエルンやユーベで培われた勝者のメンタリティーをチームにもたらした元クロアチア代表のベテランCB。 

ベルガメッリ ITA 13 DF(センターバック)・・・昨シーズンはカターニャでプレー。今シーズンもイングランドのルートンへのレンタル移籍が決定。

クリズペラ GER 15 DF(リベロ)・・・ボランチや右SBもこなすマルチロールなベテランCB。

メルテザッカー GER 17 DF(センターバック)・・・クラブ史上最高額となる38億円で獲得した元ドイツ代表CB。2006年W杯に出場。

パスクァル ITA 23 DF(ストッパー)・・・セットプレイでは貴重な得点元となる不動の左SB。

ロレンツィ ITA 4 MF(ダイナモ)・・・C1時代からチームを支える闘将。バックアッパーに徹する。

ライモンディ ITA 7 MF(サイドアタッカー)・・・昨シーズンは出場機会を求め、C1のヴェネチアでプレー。

フォリオ ITA 8 MF(クラッシャー)・・・本職は汚れ役だが、最近はプレーの幅を広げ、攻撃の起点にもなるメディアーノ(センターMF)。

アルベス BRA 11 MF(シャドーストライカー)・・スタミナに難のあるブラジル人ファンタジスタ。ケガの具合が心配される。

コスタ ITA 14 MF(プレイメーカー)・・・アルベスの後継者と目されるユース出身のゲームメーカー。

ペッレ ITA 19 MF(サイドアタッカー)・・・小柄なトルナンテ(サイドアタッカー)。昨シーズンのチームアシスト王。

カーレンベルグ DEN 20 MF(サイドアタッカー)・・・今シーズン22億円でオセールから加入した期待の攻撃的MF。ヨーロピアンリーグ予備選では早くも移籍後初ゴールを挙げる。

タラダリ ITA 24 MF(ダイナモ)・・・開幕直前にユベントスから獲得が決定。イタリア期待の若手MF。

サヒン TUR 25 MF(プレイメーカー)・・・トルコ代表としてワールドナショナルカップに出場。今シーズンこそレギュラー定着を目指す。

エスポジト ITA 65 MF(カバーリング)・・・監督の信頼も厚いメディアーノ。

ラゾビッチ SCG 9 FW(飛び出し)・・昨シーズンはペッレと並ぶチームアシスト王。セルビア・モンテネグロ代表にも復帰し、ワールドナショナルカップに出場。

サビハヒブ IRQ 10 FW(飛び出し)・・・37歳になったベテランストライカー。今シーズン限りでの引退が噂される。

ソッレンティーノ ITA 21 FW(ムービング)・・・昨シーズンは一時得点ランクのトップに立つも度重なるケガに泣かされ、得点王を逃す。今シーズンこそ期待。

ランダッチョ ITA 28 FW(ウイング)・・・ユベントス戦で衝撃的なデビューを飾ったユース出身の若手FW。

ルカレッリ ITA 99 FW(ポストプレイヤー)・・・04-05シーズンのセリエA得点王。ケガ人の多いFW陣のバックアッパーとして期待される。

・予想フォーメーション 4-4-2B、()はサブ

GK シェファー

DF フリューレン、メルテザッカー、R・コバチ、パスクァル

MF タラダリ(エスポジト)、フォリオ(サヒン)、ペッレ、カーレンベルグ(アルベス)

FW ラゾビッチ(ランダッチョ)、ソッレンティーノ(ルカレッリ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャンピオンズリーグ

2006-08-26 | サッカー

 ヨーロッパチャンピオンズリーグの1次リーグの組み合わせが決まりました。

 注目はなんといってもグループA。昨シーズンのCL&リーガ・エスパニューラ覇者vsプレミア王者チェルシーの因縁対決に選手層こそ薄いものの質の高いブレーメンのポゼッションサッカーがどこまで食い込むか?vsシェフチェンコvsクローゼストライカー対決にvsヂエゴクラッキ対決、vsモウリーニョの監督場外乱闘?と見所もたくさん。個人的に今シーズン注目の3チームが早くも激突で今から楽しみ。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰にも止められないドリブル

2006-08-25 | サッカー

 さっき「めざましTV」でユース代表のケルロンという選手がアタマでリフティングしながらドリブルするってやってました。

 確かにファアルでもしないと止められないけど、なんだかなぁ、、、。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロナウド獲ってどうするの?

2006-08-24 | サッカー

 今シーズンチェルシーに移籍したシェフチェンコの後釜がなかなか見つからないレアル・マドリーから最近ではすっかりレギュラー・坂本のそっくりさん化している代表FWロナウドの獲得を狙い、交渉する模様。これに対し、レアルは同じく代表MFカカとのトレードであれば応じる模様。

 確かに昔シェフチェンコは”東欧のロナウド”の異名を持ったFWですが、カカをトレードに出してまでわざわざ元祖を獲らなくても、、、。今のロナウドよりいいFWはいっぱいいると思うのですが。それかイタリア代表FWジラルディーノまたはインザーギの1トップでもいいんじゃないでしょうか。獲ったら獲ったでおもしろいことにはなりそうですが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレミア・リーグ開幕

2006-08-22 | サッカー

 プレミア・リーグが開幕しました。

 以前「すでに終わった感がある。」みたいなことを書いたマンUですが、ルーニーが往年のガスコイン(元イングランド代表MF)を彷彿とさせる(体型も?)暴れっぷりでしたね。

 一方シェフチェンコドログバの2トップで開幕戦に臨んだ王者チェルシーバラックを早くも温存してました。ケガで出遅れてるのかもしれませんが、一体モウリーニョランパードバラックをどう使ってくるのでしょうか?イングランド代表では同タイプのランパードジェラードがあまり機能してせんでしたが、エリクソンが見つけられなかった答えをどう導き出すのか注目です(まさか、ターンオバーはないよね、、、)。

 ともかくサイドを中心にガンガン行くのがプレミアのおもしろいところ。今年も派手な撃ち合いが楽しみ。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

亀田大毅、1RKOで熱唱! アンコールも

2006-08-21 | テレビ番組

 最近ののど自慢は歌う前にボクササイズとかやったりするんだね。素人でもアンコールやったりするんだ。すごいなぁ~。

 えっ?!これボクシングの試合なの??

 またまた。家族対抗でやってるじゃん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加