≪整心療法研究所≫自己治癒力により心身が整っていく

自己治癒力により心身が整っていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法。

まなざしとスキンシップ(抱っこ)は愛着の微分係数

2011年07月23日 | 育児・子育て

人は寄る辺なき存在として生まれるがゆえに、世話してくれる存在を必要とする。
「世話」とは、求めている時に(敏速に)、求めていることだけを(的確に)、行動で応えること。
別名「母性行動」と呼ぶ。

母性行動の基本は主に授乳を通した「まなざし」と「スキンシップ(抱っこ)」から始まる。

「お母さん、私を見て!」というメッセージを送り続けている。
まだ、言葉を理解しない時から。(実は正確な表現ではないが、今はこのままにしておく)
この母のまなざしとスキンシップが母という存在に「愛着」というものを感じる第一歩となる。
ゆえに、
まなざしとスキンシップ(抱っこ)は愛着の微分係数であると言う。
また、この愛着が「欲望」を生み出す源ともなる。

母の若くて柔らかい肌の温もり、おっぱいの感触、匂い、
これらが基本となって
求めても手の届かない、黄金比のかなたにある「対象a」を永遠に求め続ける旅路を行く旅人となる。
つまり
「これだ!」と思って掴むが、「やっぱり違う・・・」と手放し
「どこかにあるはずだ」とまた掴んでは放す。
その時々によって、掴む対象は変化するだろう。
しかし、そこにはある共通項が見出せる。
それをフロイトは「一の線」と言った。
まさしく、人は母の代理物を求め続けることに自らの時を費やしていると言えるのではないだろうか?

それらの基本となる「母の世話」=母が常に側にいることが非常に重要な要素となる。
少なくとも4歳までは、片時も子どもの側を離れることなく母性行動をすること。
これが求められる。

では、最初の「愛着」がなかったら、母の「まなざし」と「スキンシップ(抱っこ)」がなかったらどうなるか?
想像してみてほしいと思う。

シニフィアン研究所のHPはこちら  http://signifiant-lab.com/

『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不毛地帯  | トップ | 精神の空洞化  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。