≪整心療法研究所≫自己治癒力により心身が整っていく

自己治癒力により心身が整っていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法。

母が欲望しないと子どもは生きる意味を持てない

2011年08月12日 | 育児・子育て
「私の欲望は他者の欲望である」
と、ラカンは言った
 
母が子どもを欲望する
可愛い、愛おしいという想いをかけて授乳し、
お風呂に入れ、おんぶし、抱っこする
まだ言葉も理解しないと解っていても声をかける
「○○ちゃん、はいおっぱいよ」
「○○ちゃん、おねむなの?」
「○○ちゃん、お散歩しましょうねえ」
などなど
 
母の熱い想いに導かれて
赤ちゃんは成長する
たとえ母の勝手な思いを押し付けたとしても
それに答えようとするものである
 
やがて、この母の欲望に基づく世話行動を通して
「母に必要とされている」
あるいは
「どうでも良い存在なんだ」
とのメッセージを刻印する
まだ言語を理解しない時代であっても
情動と皮膚感覚を通して刻印される
以後、その刻印の上に経験値を積み重ねることとなる
 
母が子どもを世話せず、放置したり、他の誰かに預けっぱなしの場合
子どもは「母にとって、どうでもよい存在」
      「母に見捨てられた」
      「母は自分を嫌っている」
と感じるだろう
子どもにとって母は世界そのものである
幼少であればあるほど、その度合いは当然高い
ゆえに
母から適切な世話をしてもらえない=母に見捨てられた=生きる意味は無い
と、体と情動に刻印したとしてもおかしくはない
 
母に必要とされていると思える体験
母に愛されていると感じられる体験
何があっても、母だけは解ってくれる
母だけは自分を見捨てない
これらの体験が
この世に生きている意味があると思える基礎となる
 
母が「○○のような人になって欲しい」と欲望すること
そして
それを言葉と態度で伝えること
その母の欲望を我が欲望として子どもは生きてゆく
つまり、
子どもは大好きな母の期待に応えようとするのだ
母が子どもを見捨てたとしても
子どもは決して母を見捨てることはない
 
Φ シニフィアン研究所のHPはこちら  http://www3.ocn.ne.jp/~desire4/
『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリバイ証明は不在証明 | トップ | 子どもはなぜウルサイのか? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。