≪整心療法研究所≫自己治癒力により心身が整っていく

自己治癒力により心身が整っていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法。

449) 夢と現実の世界を生きている

2017年03月29日 | 生き方
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

448) しあわせの物差し

2017年03月20日 | 育児・子育て

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。

従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究中です。


今日はしあわせの物差しについて書きます。


しあわせは語ることではなく、味わうもの。

だから人それぞれ。共通の物差しはない。

私は私の物差しで測る。

あなたの物差しで私は測れない。

それを忘れないで。

そうすれば、この世界はもっと住みやすくなる。

私は私の物差しで私の世界を描くのだから。

すべての人はパラレルの世界を生きている。

交わることはある?

君の名は。のような形でしか交わることができないのかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

447) 出さずにはいられない

2017年03月20日 | 生き方

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。

 今日は出さずにはいられないについて書きます。

息を吸って吐く。

食べたら出す。
聞いたら言う。
貰ったら今度は出す。
溜まったら出す。
入ったら出す。
総ては入ったら出すようにできている。
入ったこと、湧いてきたこと、感じたこと、すべては出さずにはいられない。
そのようにできている。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

446) 3月度関西出張のお知らせ

2017年03月03日 | お知らせ

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。

今日は≪3月度関西出張のお知らせ≫について書きます。

* 7日(火)~9日(木) 大阪市・和歌山市

面談・精神分析活用講座・≪鏡の段階講座≫他

フリートーク(テーマ「生活の顔」と「人生の顔」

* 6日(月)・10日(金) 埼玉県大宮市

 

詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪気づいていないから症状を出す≫


自分が何を言いたいのか解らないから、症状として表現している。
その症状の意味に自ら気づいたとき、症状は結果的に消える。
なぜなら、症状が気付きという言葉に置き換わったから。
不言実行の人は言葉で言う代わりに行動で表現している。
病気やけがは自らの身体を使っての表現。

人はその環境の中で一番表現しやすい方法を選択している。
環境が変われば表現方法も変わる可能性がある。
その表現に振り回されず、みること。
そうすれば症状の意味がみえてくる。

自ら気づくことが大事。
その気づきを、気づかないうちに自ら気づくように、そっと一滴を作用させるのが整心療法家。 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

445) 自分にやさしくする。

2017年03月02日 | 生き方

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究中です。

今日は≪自分にやさしくする。≫について書きます。

人は社会の中で生きていく。そのために必要な知識やルールを教えられる。それがフロイトのいう超自我の核となる。

社会の中で生き易くするためのことではあるが、それが逆に個人の自由に生きたいとの想いを制限する諸刃の刃でもある。

うまく適応するはずが、いつの間にか自らの心を疲弊させ、やがて適応することにも疲れ果てる。それらのバランスが上手く取れなくなった結果でもある。

そんな時は、自分に厳しくなっている。

だからこそ、自分にやさしくなることが必要。

自分を許してあげる。

そんな時にいう言葉がある。

「今はこれでいい」

何度も何度でも自らの心に言う。

慰めるでもなく、褒めるでもなく、ただ今はこれでいいんだと言ってあげる。

そして、鏡に向かってにこっと笑顔を見せる。

それだけ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加