愛の種

 
 猫がいる限り アセンションが止まらない
  

癌が治ったと言い張るわけ

2017-03-29 01:52:17 | 不思議体験
かれこれ、7年くらい前の話。

当日私は身も心も壊れまして、一日中寝ていたわけです。
私が寝言で、こう言ったのだと、母が言う。

○子は癌だ。

と。

○子とは、母親のことです。

寝言を聞いた、私の母親は、ま、びっくりしたらしい。ショックだったともいえますね。自分が癌だと、言われたわけですから。

そして、母親は、夢を見るわけです。屋根に肉の欠片がのっかっていて、肉は癌のもとである、と、なぜか、悟るわけです。


シコリが左胸の方の肩に近い場所にあったらしいのです。

でも、最近、ドクター中松さんの癌にきくお茶をのみはじめたら、シコリが、リンパをたどるように、肩のほうに、上がるようにして、移動していったらしい。

いまでは、シコリがないらしいのです。

大概すぐに病院にいくと思いますが、うちの、母親は、めったに病院にいきません。現代ではかんがえられない人間の一人でありましょう。

だって、薪ストーブの熱くなったわっかを、素手で触ってどかす人間ですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰郷

2017-03-23 02:13:43 | 日記
久しぶりに帰郷した。

夜の移動であった。

バスから、下りて見上げた夜空が、満点の星星。

すんご~く、近い

やたらと、キラキラ輝いてる

確かに
都会にないものが、田舎にあったりもする。最たるものが、

これだわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天昌寺へ寄り道

2017-03-23 02:00:37 | 私の一押しコーナー














盛岡市天昌寺町の
天昌寺

前九年の役で、源頼義に敗れた安倍一族郎党を弔うお寺。

水子の菩薩にすがる姿が実に健気で可愛い。

宇宙元年というらしい、3月20日を期に、変換が加速しそうな予感がする。

安倍晋三総理のご先祖に、今日は手を合わせてきた次第。

エネルギー産業の変革は、もっと加速してよいだろうに、まだまだ、邪魔が入るものだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一ヶ月前の切り花

2017-03-22 18:35:25 | 日記


こちら、2月18日に、巫女さんパワーのあるMIKAKO様たちから、いただいた切り花。

毎日台所で面と向かって、可愛がってます。

段々と花びらの先が黒くなりかけてましたが、まだ、行けるきがする。

切り花が、これだけ持ったのは、最高記録であります。私にしては、大変珍しいこと。たぶん、空気が寒かったりしてますから、水も、腐りにくいのでしょう。

毎日頑張ってぬれてるなあ~、ありがとうね~、と、心の中で囁いてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新ブログ始めました

2017-03-22 00:46:28 | 日記

静御前と鈴ヶ神社ブログはこちら

情報が混濁しそうなので、上記情報は別のブログとして公開しました。
ご興味ある方は、良かったら足をお運びいただけたら幸いでございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸は 守り神になったらしい

2017-03-19 14:04:48 | 猫の生活
 



数年前に最初に亡くなった、我が家のアイドルだった、丸。

先日私の夢(半分意識ありましたが)に丸がでてきたのね。なので、そのあとお墓参りに行きました。

お墓参りにが終わったその夜に、丸が私の部屋と、私の実の姉のところに行ったらしい。

私の姉が、ラインをくれたわけね。

       そのラインの内容がこちら。

 お墓参りの前に、いつだったか、夜に丸と、丸と同じ交通事故で亡くなった子猫とか、猫たちが、沢山私(姉のこと)の寝ている布団の周りを囲んだ。頭のほうで、カリカリして、うるさいから、眠れなかった。

 それから、妹(私)がお墓参りに行った夜、また、丸が来た。お参りされて、すごくうれしそうにしていた。そして丸が伝えたかったことがあった。それは、私の家族、姉の家族、そして実家、みいんな、俺がまもっているんだよ。と。


 そうかそうか、丸、よろこんでくれていたかあ。それだけですんごく嬉しいのにね。毎日たのしく暮らしててくれたら、それでいいんだよう。なのに、頑張って私の親族を守ってくれていたかあ。

 そういえば、去年の秋、姉が車を運転中居眠りをしていたらしい。したら、車が、ぴょんって、ぴょんって跳ねた。っていうのよね。姉は驚いて、車を止めて、車がはねた場所に戻ったけれど、何もない。

 あの怪奇現象の正体は、もしかして、もしかして~?💛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キンクマのみかん 寿命を全う

2017-03-19 13:44:22 | 猫の生活

 

こちら数年前に亡くなっている猫の丸。
そして睨まれているのが、数年前に寿命で亡くなったキンクマのみかん。

ハムスターと猫との緊張生活も3年で、ピリオド。
何度脱走して、慌ててさがしだしたことが、みかんよ。

一度、黒猫のクウが、コタツからでてきたのね。
みたら、なんと、口にみかんがくわえられているわけ!!!( ゚Д゚)!!

えー!って、驚いてる場合ではない、いそいで、丁寧にクウの口を開かせて、みかんを床の上に、ポタっと落としてやったわよ。

そうしたらね、みかん、またまた、慌てず騒がず、お散歩しだすわけね。

あ~、あれはもうおしまいかと思ったわよ。

私が見ていなかったらね、クウにお手玉にされて、アーメンですよ。
そんなこんなもありましたが、3年ちょうどたったころ、静かに亡くなりました。
服もコードもかじらないで、とってもお利口な子だったの。
猫を敵だとは最後まで知らずに亡くなったよ。本当、可愛かったなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒーラーさんたちって凄いのね

2017-03-15 01:46:42 | 気ままわがままつれづれなるまま
私は背が低いのです。日本人の古風な感じのごく普通の顔です。
かたや、私の彼氏さんはですね、ガタイが大きくて、顔は、テルマエロマエの映画に登場するような顔が濃いって感じです。

似ても似つかないと普通の人なら思うはず。さもあらん、わたくしもです。

ですのに、一目みてこちらの前世のことを言い当てるヒーラーさんたち数人に、なぜか近頃ご縁がございまして、そのヒーラーさんたちが揃ってですね、似てますね。と申されるのです。

 でも、運命ってあるのね♡って思いたいから嬉しいことです。なんたってツインフレーム同士ですからね。なので顔がどこか似るのかもしれません。なあんて言ってますがツインフレームがなんなのか、まだまだ知らないことだらけ~。


それにしても、能力者の人ってほんと、見る目が違うのですねえ。

前世なぞ、ありえない、などと、思われる人がいるなら、それも結構なのですよ。自由です。
でも私はあるものは在る。と主張する。私の主張も自由でありますから、否定することなかれ。ですね。

魂のレベルが上がれば、だんだんと、・・・わかるものが増える。
これは確かですねえ。知識とはまた別のお話でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツインフレーム 調べました

2017-03-14 15:02:02 | 
ヒーラーの先生に始めてきかされた、この「ツインフレーム」

にたような魂同士のことで、お互いを支えあう存在。

たいていはあの世とこの世に分かれていて、テレパシーで支えあっている存在のようですよ。

ですが、魂の最終段階ともいえる、お互いに成長しあったとき、今世で肉体をもち、出会ったらば、個人的成長のためにというより、社会のために、何かを成し遂げる目的がある。だろうとのこと。


なるほどね。私自信も誰かに依存するタイプではないのです。そして彼氏さんもね。自立しまくってます。大人なんです。なので、お互い居心地がいいと感じるんですね。


そうそう、ヒーラーの先生は眠っていても仕事をしている。とのこと。さっそく今朝の3時。お仕事といいましょうか、私たちに説法してくださっていました。夢の中で。

あくまでも夢の中のはなしですけれどね。

先生「あなたたちはライトワーカーとして生きることを目的に生まれてきているんです」と。(先生、お疲れ様ですっ)

そうなんですね。

実は勉強会のとき、先生に宣言させられましたよ。

「ライトワーカーになりたいです」 & 「ライトワーカーになりました」
そう、宣言しましたよ、私。なので、宣言した昨日のこのときから、ライトワーカーだよ、私。
光の伝道師ですね。誰か悩んでいたら慰めてあげる。ごみを拾う。笑顔で挨拶。誰かを明るくしてあげることも仕事。また、目的のためには衝撃的なことも相手に発言するときもあるがそれもあり。なのだそう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼の名は。(訂正して再投稿)ヒーラーさんたちってすごいのね。

2017-03-14 13:53:44 | 
中年の恋愛事情はですね、だいぶ以前に書いたと思いますが、今のところ、全く変わらずです。
前進もないけれど(これはちょっと寂しいけれど)、後転も無いわけでして。

本当にたまたま、私の従妹のお誘いで、ヒーラーの先生の、アセンション勉強会に、彼を連れて13日(月)に行ってきたのであります。

まあ、びっくり。もしかしてもしかして、衝撃的な出会いになりそう?という予感以上の現実でして。

教室にはすでに生徒さん数人と、一番後ろの席に、ヒーラーの先生がおりました。初めて彼を紹介させていただいたわけでございます。あ、ちなみに私は、今回が2度目の勉強会。

先生が、私のですね、彼氏さんをみてすぐに、うわ~、みたいな反応。そして「長、民の長をしていたのね。表を守っていた人ね。」等等言われるわけです。
私はそれを聞いて、すぐに「そう、そうです」と言ってしまったわ。

転生輪廻様々な人生も沢山あったろうけれど、やはりどこぞの長をしていた時の人生は、強烈な魂の記憶としてあるのでしょうね。
実は以前に彼氏さんに聞いていたんです。

彼氏さんは、なぜか霊能力の高い方々と、時折出会う人のようでした。そして何人かに言われていたのでした。
「あなたは戦いばかりしてきた戦士」であるとか「どこぞの部族の長をしていたが、周囲に裏切られ、処刑された」とかですね。エジプトの剣闘士のときもあれば、戦国時代の武将だったりしていたようです。

が、この時のヒーラーの先生から、はじめてきかされたのは、

「ヤコブ」
ヤコブですか!ってそこは内心びっくり。面は冷静。

ヤコブって、聖書の中の登場人物ですよね、なので、つい、イエスの弟子?かと、おもってましたか、アブラハムの孫にあたる人で、息子は、部族の長をそれぞれしたとのこと。

失われた10部族は、日本にきてるようですが、その、祖となるのが、ヤコブのようです。

もうね、ヒーラーの先生も、どの時代かは、わからないけど、過去世で会っていたようでね、
「お久しぶりです!。となぜか涙するわけです。また、お会いしましたね、と。

教室の生徒さんには「今日は神様がきましたよ」って、こう紹介されるわけでありますですはい。一番後ろに席を陣取った意味がないない。振り向かれる皆さんの目が、すご~くてね、彼氏さん、ブロックが壊れてましたよ。勉強会終わってかえったら、めずらしく、疲れておりましたわ。女性陣のパワーに押されたらしい。

今世では、私を助けるために彼が生まれていると言われました。なぜか、私が男性を信用しないから。それが強烈だと。思わず、「ぶっ」ってふいてもうたよ。

剛直球投げられました。

ツインフレーム、って言葉も始めて教えてくれました。男性性の彼と女性性の私が出会うことで、ビックバンのようなエネルギーがうんたらかんたら・・・。難しい・・・。ともかく、とりあえず、私は今の彼氏さんと出会えて、惚れてくれて惚れさせてくれてありがとうであります。優しいからね。自立してるからね。だから楽なのです。彼氏さんはね私に何かをどうしろとか、あまり求めないからね、聞いたのですよ。何をしてほしいか。そうしたらね「自分は安らぎたいだけだから」と申されるわけですよ。ベストアンサーですなっ。

あれっ、最後にのろけになっているような?表題の内容はね、えっとね、そうそう、彼氏さんの過去性ね。長をしていた時代、人々に裏切られ、殺されたというが、先生、曰く。

「30年後とかにね、後悔するひととか、反省する人がでてくるの。その時は彼の言っていることが理解できなくても、後になって、わかる人が出てくるから、死は無駄ではないの」

なるほどです。なるほどです、先生!。三次元の私など、ついつい「死」がネガティブにとらえ、そこにだけとらわれがち。次元が高いところから見たら、死は天国への旅立ちであり、祝福ですね。イエスの磔の死は天界での賛美。自分の目線、もう少し広く高く持たないといけないと実感しました。

死を恐れているうちは、私は過去世は思い出せないんだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月面が写らないわけ

2017-03-14 11:50:22 | 不思議体験
動画➡私の満月

本来のお月さま映像がこちら👇



画面いっぱいになぜ?な、お月さま映像がこちら👇  





2017 3月12日
期待に膨らませ、満月を撮影。

とっても光ってましたからね。雲の隙間がちょうど空いて、そこに煌々と輝く満月が。
動画で撮影したのが、こちら。

自動で月面が写るはずが、どうしても、光る玉になるわけでして。
かごめさんから聞いたらば、なんとなんと、

シリウスの私にかけている、保護プラズマシールドに、カメラが反応してこのような現象になっている。そうであります。
シリウスって、どこだったけ~?

あとでシリウスを見つけて撮影しませんとね。そうかそうか、いつものあれば、そうだったそうだった、シリウスさんからの空からの合図でしたっけ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウサギのような?

2017-03-11 06:33:02 | 猫の生活


小豆が足を隠してる~

ウサギみたいなので、許そう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩手の歴史1 静御前のお墓

2017-03-10 17:44:30 | 歴史の泉
  岩手の歴史1 

参考ページ➡静御前終焉の地より 北行記

源義経が生涯愛した静御前。

母は白拍子の創始者、磯禅尼(磯禅師
である。

母は後白河法皇の寵愛を受けていたようで、静御前の父親が実は後白河法皇という説もあながち嘘とも言い切れまい。

参考資料➡静御前早池峰絶唱 著者横道廣吉

皇族の血を受け継いだと思われる静を、後白河法皇は、同じく皇族の血をひく源義経に、自ら紹介するのである。

日本の天皇家とは純血を重んじているわけでして、当然と言えば当然。義経と静の幸せを心から願っていたに違いない後白河法皇であったろうに、悲しいかな、その後の若い二人の運命や、いまだ語り継がれる程の悲恋の道。

それでも、生涯に一度でも、本気で愛せる人と、一時でも一緒に居られたことは、実は奇跡的なことであり、貴重なことであり、至福の時を経験するものであったろう。生きるとは体験することだろうから、きっとすごく生きた!という実感を義経も静も得たに違いない。

静御前の墓が、岩手県宮古市鈴久名にある。ここは、静が息を引き取った場所である。
終焉の地というわけだ。


       お正月のお参りのときの青獅子のお迎え


だが、火葬し、お骨はまた別のところに移動されたようである。きっとそれは磯磯禅尼の生まれ故郷にあるはず。
そして、もう一つ、加えなくてはならない。静が自分を死んだことにした。のである。死んだことにして、宮古市鈴久名に身をひそめたどり着いたのだ。

なので、静のお墓が2か所あるいは3か所あってもおかしくはない。

 亡くなった場所        宮古市鈴久名 (鈴ヶ神社)
 亡くなったことを偽装した場所 宮城県 美女が池 または 香川県か?
 お骨を収めた場所       香川県さぬき市 長尾寺

 続く。













 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クウです。

2017-03-10 08:08:36 | 猫の生活


クウはあさがえりして、箱の中。

右上の牙が一本無くなったの。たぶん半年前の外猫とのケンカで。

顔が腫れてたり、耳が、ただれてたりしていた時だね。

あれから、引退したのかな。

見回りしないで、一日中家の中で寝ていることも、多くなりました。もう、今月10才だよ。

おじさんから、おじいちゃんに、なる頃かな。

体力の限界を、感じてくださいよ、クウ。ボスは、もう引退したっていいじゃない。

すこ~し、歳はとったけど、まだまだ、格好いいよ。

私がなでても、ゴロゴロしてくれない、つれないクウだけどね。

買い物から、帰宅すると、クウが、私を見つけて、ダッシュで、駆け寄ってきて、一緒に玄関から、入るの。それだけでも、熱い絆だよね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の朝寝

2017-03-10 08:02:04 | 猫の生活


起きた。

また寝た。



黒い斑点あるけれど、黒豆ではございませんの。あずき 小豆でございますの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加