愛の種

 
 猫がいる限り アセンションが止まらない
  

白へ

2016-11-28 19:17:04 | 猫の生活
白は今日、火葬され、動画の共同墓地に納骨された。
お寺にはお経もお願いしたから、天国で楽しく暮らしてくれるだろう。
白がいなくなったら、あずきが、ずっと、家の中にいる。
外出ばかりして、一晩中かえらないときも、沢山あって、不良娘になっちゃったなあ、と、心配していたのに。

私に甘えたい白に、あずきは、遠慮していたんだろうか。
私の布団にあずきが、入ってきて、一緒に寝ていたとき、白もあとから、私の布団に入りに来たっけ。

二匹とも、布団にいて、白が、ジイーっと、小豆を凝視したんだったよね、そしたら、小豆はたまらず、布団から出て行っちゃったよね。

白ったら、本当に私に甘えてきてくれていた。私が猫たちを世話してあげていたり、命を救っていたと思っていたんだな、きっと。

私の方が救われていたんだった。愛してくれてありがと。甘えてきてくれてありがと。

あずきは、ずっと、家の中で寝ているよ。朝の甘えモードは、スゴイけど、そのあとは、昼寝姿がなんだかね、本当に寂しそうだよ。

大好きな畑にいって遊ばないでいるよ。小豆の心配ばかり、していたね、白。優しい兄だったから。

天使に頼んだよ、白のことをよろしくお願いします、とね。そして、先に天国にいっている、丸と、仲良くしてくれよね。

また元気に走り回るんだよ。天国は、楽しいんだからね。そして、たまには遊びにくるんだよっ。

お寺になきがらを預けて帰宅した夜、そういえば、寝るときに、白の声聞こえたよ。でも、夕べは聞こえなかったな。夢にも出てくれなかったな。

早く夢でいいから白に会いたいな。白、私たち家族に尽くしてくれてありがとう。命削ってまで尽くしてくれて、ありがとう。ずうっと、ずうっと、大好きだよ。これからずっと、幸せでいるんだよ、白。愛してるよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2才半の命 ありがとう

2016-11-28 12:45:56 | 猫の生活


病院から呼ばれ、急いで行ったけれどまにあわなかった。

手は尽くしましたが、と、言われ、それでもひきとめられなかったから、仕方がないよね。
重症だとわかってくれて、懸命に白につくしてくれた病院にすごく感謝した。
白の体は限界だったから、亡くなってしまって、痛みから、解放されたから、安堵もした。
それでも、ただただ涙が止まらない。

帰ってから大大大号泣~。
心に穴が、大きな穴が空くもんだ。

今まで私につくしてくれたのは、こんなに大きな穴だったんだな。

ほんとうに、本当に寂しいや。

楽しかった今までの想い出をありがとうっ!

って、言わないといけない。わかってるけれどね、

やっぱ、数日はごめん、泣いて過ごすよ。ごめん、白。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚悟しないと

2016-11-24 11:38:06 | 猫の生活
点滴中の白が、痙攣しはじめたらしい。
頭をうってしまっていたからだろう。

注射で楽にしてあげないといけないかも。覚悟しないと。
楽にしてあげないといけないってわかるけどさ、ほんと、泣ける。
ごめんなさい、吐露させてください。ほんと、泣ける。

ほんと、白、ほんと、大好きで大好きで、仕方ないのに。
泣けてくる。

ありがとうっていわないといけないのにな。ごめん白
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白 点滴中

2016-11-24 11:23:33 | 猫の生活
白を、やっと昨日と違う病院につれてきた。
体温が32度。非常に低い。腰の骨三本がやられてる。
どうやら、車にぶつかったんだろう、とのお医者さんの見解。
血便なのは、膀胱炎で、これは、薬で治るから心配ない。問題は、腰。
いま、点滴をしてもらってる。
よく、一晩もったなあ。
餌はたべないのは、痛すぎるからで、当たり前だとのこと。
なんか、ほんと、泣けてきちゃうな。平常な日の元気な白を早くみたいよ。一番甘えてきてさあ。ヤキモチやきでさあ。なんか、ぐったりしている姿をみるのは、なんか、


泣けてきたよ。
痛みがはやく取れますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白が事故にあいました

2016-11-24 08:37:07 | 猫の生活
昨日のお昼過ぎ、外から帰ってきた白(オス2歳の猫)が、ばたばたしていた。見ると下半身がだら~っとしている。
後ろ足が動かず伸びきっていた。外傷は見当たらない。

おそらくは車か、人か、による事故というべきか。

早急にタクシーで近くの動物病院へ。レントゲンでは内臓に異常なし。ただ、腰の骨が少しゆがんでいたようだ。
車いすが必要になるかも、と医者にいわれ、注射をしてもらって帰宅。

鎮痛剤をうってもらったのに、痛いのか時々ないたり、呼吸はすごくすごく早い。そして激しい。

一晩明かしたら、呼吸は早いものの、激しさは薄らいでくれた。おしっこは常に漏れている状態だから借りおむつをおしりにあてて、ちょうど黄門のところに、トイレットペーパーを丸めて当てた。それにおしっこが染みることで、シートが汚れにくいようにした。

一時間くらいは熟睡したのかしら。横になってはいても眠れないでいるみたいだ。もうすぐ一晩明かした朝の九時。今静かに眠り始めたよ。
何分寝てくれるかしら。

昨日言った動物病院は、今日はお休みだから、明日行くことになっている。でもとてもつらそうなので、今日はほかの動物病院で再度診てもらいたい。

可哀想なことをした。こんなことになったのも私のせいなのだ。

実は最近母からきいたのだが、私の親族がやたら道路とかで転んだり、車では小さな接触事故があったりと頻繁だったらしいのだ。私は災いがないなあ、とたかをくくっていたのだが、昨日の昨日、私の大事な大事な白が事故にあってしまったのだ。

夜にすこし落ちついて考えた。すべてつながりのある内容だったのでは、と考えた。

数日前に私の母が言っていたのだ。「親類が何人も転んでいるから、変だなあと考えていた。思い浮かんだのが我が家の神社のことだ。何年か前に実の父親が神社のそばの松の木を倒して、それが参道に転がっているもんだから、参拝するのに、その倒れた松の木をまたがって通っていたのだ。これを数年間放置。実は今年の夏に撤去作業をしていたのだが、一本だけを残してしまってそのままだったのだ。
母は、倒れた松が参道にあるから、親類や父親などが転んだりしているのだろう。なので対応をしないといけない。そう私に電話で話したばかりだったのだ。私はまだ忙しいからと、撤去作業を後回しにしてしまったのだ。

そこにきての白の事故。

ああ、白は私への災難を引き受けてしまったのか。そう悟ってしまった。だれを恨むでなし、私の至らなさだ。白にはかわいそうなことをしたよ。本当に。とりあえず今から病院につれていって、再度診察してもらおう。
何らかの事故にあった昨日、血を流さずに、足をひきずりひきずりよく帰ってきたよ。そこに深く深く感謝です。夜は死なれるかもと思ったくらいだったけど、今朝は呼吸がおちついてみえるよ。深く深く感謝します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手相

2016-11-14 21:40:46 | 日記
私の手相で、もっとも、珍しそうなものを・ご紹介。



仏眼





神秘十字が、両手にある

仏眼は、願いが叶いやすい。

神秘十字で、両手は、特に運が強いのだとか。

う~ん。手相占いの内容だけ読むと、凄いことばかり。
実際は、ほれ、このとおり、なんのへんてつもない、しがない人間ですわ。

やっとやっと、この手相のおかげで・生きているのかもしれないけれど。

願いが、叶いやすい、というのは、確かにその通り。沢山思い通りになってきてる。

なので、最近考えなおそうかな、と、おもうのが一つ。

私は貧乏で育っていまだに貧乏してる。倹約とかしたいから、中古の安いものを買い揃えて満足してる。

ですが、こないだ、たまたまですが、二万円!の、新しい電話機を購入したのっ。
やっぱり、新しいと使いやすいし気分もいい。ストレス無し。最高。

綺麗な電話機に、なぜか親されている私。

あ、そうか、貧乏性は、貧乏を呼び込むのか。
古くて安いのしか、手に入らない。そう、信じこんでいた私。

なので、方向転換。

新しいものを、手に入れることができる私なんだっ!

って、いま、念じてる。

で、こないだ、つい、安さにまけて、オークションの、中古の石油ストーブを落札。本当は、新品がほしかったが、と、落ち込みながら、落札だったのだ。
が、ショップで、手違いがあり、私が落札したストーブが、すでに、売れてしまったらしく、キャンセルをくらいました。そんなこんな、で、結局、新品の、ストーブで、一番安く提供しているネットのお店から、購入。中古と新品の、金額の差は一万程度。
今の私からしたら、大きい差なのですが、長い目でみたら、新品がお買い得。
機能のよい、新品ストーブをいま、つかってますが、やっぱり、最高です。
幸せ感じてます。これからも、頑張りますっ。
世界は、どんどん平和になるなるっ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クソったれって思ったのは本当のお話し

2016-11-14 21:35:19 | 不登校
今日は我が家の二人目の不登校児の中3の娘と二人、学校へ。

高校に入るための準備というか相談というかで、学校に行って担任とお話をしました。

担任の先生は教室に一時間くらいいてみたら。とか昼夜逆転を直しておいて、とか、勉強しといて、とかとか。
なるほどそういう指導をしろ、と上司に言われているのね。

帰り際、副校長先生にご挨拶をするよういわれ、行ってきました。


副校長「高校に入る前に、勉強をしておくとか、頑張ってやっていきましょう」

とかなんとか、もうその場ですぐに忘れてしまったわ、言われたコメント。

不登校ながらやっと学校に足を運んでいる娘にたいして、頑張ってとかいって、笑顔も愛想もなんもなく、冷たい印象でしかなかったわ。

ああ疲れるね。

娘も今日は疲れたといっている。私でさえ、あんな大人にあったらね、メンタルやられますわ。

娘にはね、「仕方ない、心のなかで「うるせえっ」って思ってな。と助言しました。

ま、一番の悪い圧を与えているのは教育委員会ですけれどね。悪しき圧が下に下に降りて行って最後に当事者の不登校児とその親に来るわけですわ。

ま、そんなの跳ね返してやりましょうぞ。不登校児でもね、幸せを掴めるように育てて見せましょうホトトギス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な夢は現実につながるわけでして

2016-11-14 20:47:45 | 不思議体験


久々に夢が面白かったです編

 夢:自宅前で夜の空を見上げました。

すると、四角いUFOが跳んでいるのを確認。
すぐに、自宅内にいる娘を呼びました。
UFOは横方向に流れるように飛んで行って、もうすぐみえなくなりそう、そうおもったらUターンしてきました。
そして私の真上にきました。
真上のそれは、たいして大きくないものでしたが、真下から光がでてキラキラの粒粒がたくさん私に舞い降りてきた感じでした。
私「よろしくお願いしまあす」なあんて思いながらウェルカム気分。
それから瞬間移動?したのかしら。
綺麗な幾何学模様の風景(シルバー色と光のキラキラした筒の中を通過しているような)をしばらく見ましたら、そのあと山々の木々を高いところから見ていました。そばに、我が家の雄猫、白がいましたが、一瞬のうちに人間のイケメンに変身。
「お前白か!」とつい口に出てしまいました。日本人ぽくなかったわ。白人の鼻の高いイケメン♡。そうか白がガイド役でしたのね。と思いつつ。
それから天の声。
「起源をこれから教えよう」
そう言われ、・・・・そのあとの記憶がありません。
 夢はこれで終わり。

そして夢を見た日の、今日、娘とチャリで学校に向かっていると、どこからか、ヘリコプターの音が。
私「○子、今現れるヘリコプターは私の真上を通るよ!」
そういって数秒したら、遠くの空にヘリが見えました。それからどんどん私たちの方に向かってきて、チャリを漕ぎながらの移動中、私の予告通りヘリは頭の上を通過しました。

 あのヘリは私の夢で見たUFOに違いない。真っ黒のヘリでしたが、リアル未知との遭遇でありました。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癌に効くお茶 ドクター中松氏のお茶

2016-11-09 07:19:07 | 私の一押しコーナー






私の親父ははっきり言って変人奇人。

そんな親父だから、癌になったと聞いても驚かなかった。がんだとわかり手術したのが今年の8月。前立腺がんだったかしら。竿の先をカット。それから左右の下腹部の足の付け根あたりのリンパの摘出手術。2度の入院。2度の手術を経験した。

手術が終わってから「しばらくです。」と親父の友人が訪ねてこられた。この方はドクター中松氏の友人であった。
親父の癌の手術の経過などを伝えたのだが、その方は「本当は手術はしないほうがよいのだけれど」と申された。

そしてドクター中松氏考案の癌にきくお茶を後ほど、親父にくれたのだ。
それが掲載してある写真。

このお茶を飲んで以来、体の腫れ?がだいぶよくなったらしいのだ。そして母親も一緒に飲んでいるのだが、血圧が150から今130台になったと、今日私に報告してくれた。耳鳴りにも聞いたらしく、一人一人の何らかの不調がきっときくのかもしれない。

東北では親父の友人であるこの方が代理店となるようだ。
薬草の種類を見せてもらったが、なるほど抗体がつよくなる草が入っているなあと思った次第。たとえばヨモギとか。あとは耳鳴りに効く、イチョウの葉もある。なるほどそれで母親の耳がなおったのかな。

私の母親は数年前一度頭を鉄の棒にぶつけたことがある。それからしばらくしてめまいと耳鳴りの症状がでて、数か月寝込んでいた。メニエール病の診断を下されたのだが、原因は確かに神経をすり減らしていたこと。そして頭をぶつけていたことも関係があるはずだと、母親本人はいう。

ドクター中松氏は2年かけて自分の治るはずのない癌を直したらしく、ネットでも調べられるのでよかったら検索してみてほしいです。
代理店である親父の友人は今度は、ドクター中松氏発明の、座れば癌が治る。とする器械にも親父に利用させてくださるらしい。どうぞ実験がてらお願いしたいわ。

癌はすでに治る病気であるわけで、漢方はすばらしいです。病院は治してくれる場所とは違います。一時の手当てをしてくれる場所であり、癌を治すのは自分にしかできないんだろうな。「自分の身体」が整ったら癌は治るか、あるいは共同生活が可能だと思うわけです。

高木さんの大麻事件が最近ありましたが、乱用とは別にして、確かに麻は癌を抑える、治す草ですから、なので薬品メーカーは日本を餌にしておりますから、麻は危険だ、だの医療に使うな、という主張のようです。
癌になった方が近くにおられますが仲良く共存しておられる方です。これもまた事実。

そろそろ薬神話、病院神話は崩れてほしいものです。

そうそう、我が父ながら、どうしようもない父ながら、結局なぜか、救われることになるらしい。御縁はどこに転がっているかわからないものですね。一つ一つ大事にしないといけないわ。

抗がん剤を利用されるよりはこちらの商品なり、癌の治る器械にどうか座られる機会を探ってほしいと思います。苦しんでいる身内を見るのは本当に辛いものです。ましてや本人は・・・。

このお茶は親父がゆずられたものなので実際の金額ははっきりきいていませんが、8包入っていて数千円なはずです。万単位ではなかったようです。なので断然病院代より安いと思います。最近の一押しでした。

  ドクター中松氏 復活祭
コメント
この記事をはてなブックマークに追加