愛の種

 
 猫がいる限り アセンションが止まらない
  

小豆の怒り

2017-08-07 12:33:43 | 猫の生活





夜にやっと小豆が帰ってきた。私は買い物にでかけた。

帰ったら小豆はもういない。

そして、就寝時刻。外から小豆が帰ってきた。私が小豆を撫ではじめたら、いきなり、私をおそいはじめたのだ。噛んだり飛び掛かって来る。

すねると時々こうなのだ。だが、今回はいつもより激しい。三回もとびかかってきたあと、まだ、私を威嚇していたから、彼氏さんが、低い声で、

  こらっ、小豆!だめでしょ!

と、睨んだ。そしたら、小豆は、態勢を低くしたまんま、チラリと彼氏さんをみて、そして、しずかに、寝そべりはじめた。そっぽを向いて黙って横になった小豆を、眺めた。

涙が出た。

私が昼間、留守にしてるから、ほんとうに、寂しいのだ。本当は、いかってるのでなく、悲しくていた。悲しくて怒りがおさまらなかったのだ。

小豆はわがままで、気が強くい女の猫。すごく甘えん坊で、愛情表現感情表現すごく出して来る。

こないだは、布団の上に、ネズミのプレゼントもあったなあ。

どんな気持ちで、その時いない私へのプレゼントを置いたのかな。

私は小豆が大好きでたまらない。いつも、おでことおでこをあてて、私の気持ちを小豆に伝えてる。小豆も実は私の気持ちを知っているから、だから、小豆も私を大好きなのだ。

だからこそ、悲しくて、そして、怒るのだな。

まさに、私がこないだ、彼氏さんに向けたあの感情に、似ていたりしてね。

小豆、本当に、ごめんよ~。
本当に、大好きだよ。心底、私の子供だよ。ほんとうに、大好きでしかたない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の罪?続編 | トップ | 誰が開いた?次元の扉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

猫の生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。