愛の種

 
 猫がいる限り アセンションが止まらない
  

小豆の怒り

2017-08-07 12:33:43 | 猫の生活





夜にやっと小豆が帰ってきた。私は買い物にでかけた。

帰ったら小豆はもういない。

そして、就寝時刻。外から小豆が帰ってきた。私が小豆を撫ではじめたら、いきなり、私をおそいはじめたのだ。噛んだり飛び掛かって来る。

すねると時々こうなのだ。だが、今回はいつもより激しい。三回もとびかかってきたあと、まだ、私を威嚇していたから、彼氏さんが、低い声で、

  こらっ、小豆!だめでしょ!

と、睨んだ。そしたら、小豆は、態勢を低くしたまんま、チラリと彼氏さんをみて、そして、しずかに、寝そべりはじめた。そっぽを向いて黙って横になった小豆を、眺めた。

涙が出た。

私が昼間、留守にしてるから、ほんとうに、寂しいのだ。本当は、いかってるのでなく、悲しくていた。悲しくて怒りがおさまらなかったのだ。

小豆はわがままで、気が強くい女の猫。すごく甘えん坊で、愛情表現感情表現すごく出して来る。

こないだは、布団の上に、ネズミのプレゼントもあったなあ。

どんな気持ちで、その時いない私へのプレゼントを置いたのかな。

私は小豆が大好きでたまらない。いつも、おでことおでこをあてて、私の気持ちを小豆に伝えてる。小豆も実は私の気持ちを知っているから、だから、小豆も私を大好きなのだ。

だからこそ、悲しくて、そして、怒るのだな。

まさに、私がこないだ、彼氏さんに向けたあの感情に、似ていたりしてね。

小豆、本当に、ごめんよ~。
本当に、大好きだよ。心底、私の子供だよ。ほんとうに、大好きでしかたない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝豆

2017-05-13 10:50:18 | 猫の生活


今年春まで不登校児の三女が、高校に足を運び始めたから、昼間枝豆が一人ぼっちになった。
いつもなら、夕方帰宅する三女が、この日は校外で映画鑑賞し、早めの帰宅とあいなった。

早めの三女の帰還に、テンションマックスの枝豆。

最後は抱っこされて満足顔の枝豆であった。
  ちゃんちゃんっ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最強猫

2017-05-11 13:32:42 | 猫の生活




親戚の、雄猫のマロン。

この家にきてから、早13年。その前に他で飼われていた猫なので、本当の年齢がイマイチわからない。

ここの家にきたときは、やたらと体が大きくて
力もものすごく強かった。人間でも重い引き戸を平気で開ける猫だ。

近所の猫で、いや、日本中の猫でこの猫にかなうのは、めったにいないだろう。山猫のような体つきたのだ。

でも、推定15才にはなってるだろうから、おじいちゃんになったのか、最近喧嘩して負けてくるようだった。歳だからしかないな。あきらめていた。

そしたら、な、な、な、なんと!マロンの喧嘩相手は、猫ではなかった。
野生の、ハクビシンだったのだ。

ここの家は山間部で、携帯電話が繋がらないほどだ。狐や熊もたまにみかけるわけだが、ハクビシンがここが10年の間に増えはじめから、たちがわるい。

家の中の玄関に置いていたマロンのエサを時々たべていたらしい、ハクビシン。

マロンはこれと何度も何度も戦っていたらしいのだ。

段々と疲労して、ご飯が食べられなくなった頃、やっとこの事実に気づいて、家の人が、ハクビシンを追い払ったらしい。

追い払われたハクビシンも、マロンにやられたのか、のそのそと走るのがおそかったから、人につかまえられて、川に放り投げられた。

半分生きた状態だから、懲りて山にいったことだろう。

マロンは、ハクビシンと、戦わなくてすむようになったから、段々と元気になって、また、普段のエサをたべはじめてる。

マロンは、きっと山猫の血が強いと思うのだ。耳の先の毛も形も体格も山猫っぽい。

ここの家にくる前の幼少期時代に、決してローソンのチキンを食べさせられていたから、な、だけでないと思うのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸は 守り神になったらしい

2017-03-19 14:04:48 | 猫の生活
 



数年前に最初に亡くなった、我が家のアイドルだった、丸。

先日私の夢(半分意識ありましたが)に丸がでてきたのね。なので、そのあとお墓参りに行きました。

お墓参りにが終わったその夜に、丸が私の部屋と、私の実の姉のところに行ったらしい。

私の姉が、ラインをくれたわけね。

       そのラインの内容がこちら。

 お墓参りの前に、いつだったか、夜に丸と、丸と同じ交通事故で亡くなった子猫とか、猫たちが、沢山私(姉のこと)の寝ている布団の周りを囲んだ。頭のほうで、カリカリして、うるさいから、眠れなかった。

 それから、妹(私)がお墓参りに行った夜、また、丸が来た。お参りされて、すごくうれしそうにしていた。そして丸が伝えたかったことがあった。それは、私の家族、姉の家族、そして実家、みいんな、俺がまもっているんだよ。と。


 そうかそうか、丸、よろこんでくれていたかあ。それだけですんごく嬉しいのにね。毎日たのしく暮らしててくれたら、それでいいんだよう。なのに、頑張って私の親族を守ってくれていたかあ。

 そういえば、去年の秋、姉が車を運転中居眠りをしていたらしい。したら、車が、ぴょんって、ぴょんって跳ねた。っていうのよね。姉は驚いて、車を止めて、車がはねた場所に戻ったけれど、何もない。

 あの怪奇現象の正体は、もしかして、もしかして~?💛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キンクマのみかん 寿命を全う

2017-03-19 13:44:22 | 猫の生活

 

こちら数年前に亡くなっている猫の丸。
そして睨まれているのが、数年前に寿命で亡くなったキンクマのみかん。

ハムスターと猫との緊張生活も3年で、ピリオド。
何度脱走して、慌ててさがしだしたことが、みかんよ。

一度、黒猫のクウが、コタツからでてきたのね。
みたら、なんと、口にみかんがくわえられているわけ!!!( ゚Д゚)!!

えー!って、驚いてる場合ではない、いそいで、丁寧にクウの口を開かせて、みかんを床の上に、ポタっと落としてやったわよ。

そうしたらね、みかん、またまた、慌てず騒がず、お散歩しだすわけね。

あ~、あれはもうおしまいかと思ったわよ。

私が見ていなかったらね、クウにお手玉にされて、アーメンですよ。
そんなこんなもありましたが、3年ちょうどたったころ、静かに亡くなりました。
服もコードもかじらないで、とってもお利口な子だったの。
猫を敵だとは最後まで知らずに亡くなったよ。本当、可愛かったなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウサギのような?

2017-03-11 06:33:02 | 猫の生活


小豆が足を隠してる~

ウサギみたいなので、許そう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クウです。

2017-03-10 08:08:36 | 猫の生活


クウはあさがえりして、箱の中。

右上の牙が一本無くなったの。たぶん半年前の外猫とのケンカで。

顔が腫れてたり、耳が、ただれてたりしていた時だね。

あれから、引退したのかな。

見回りしないで、一日中家の中で寝ていることも、多くなりました。もう、今月10才だよ。

おじさんから、おじいちゃんに、なる頃かな。

体力の限界を、感じてくださいよ、クウ。ボスは、もう引退したっていいじゃない。

すこ~し、歳はとったけど、まだまだ、格好いいよ。

私がなでても、ゴロゴロしてくれない、つれないクウだけどね。

買い物から、帰宅すると、クウが、私を見つけて、ダッシュで、駆け寄ってきて、一緒に玄関から、入るの。それだけでも、熱い絆だよね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の朝寝

2017-03-10 08:02:04 | 猫の生活


起きた。

また寝た。



黒い斑点あるけれど、黒豆ではございませんの。あずき 小豆でございますの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫だから

2017-03-10 06:44:54 | 猫の生活
くるりんぱっ

訂正
 ぱっ、は、未定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝豆

2017-03-10 05:57:19 | 猫の生活




三女と枝豆

枝豆、段々と、抱っこが慣れてきましたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫客

2017-03-09 20:15:26 | 猫の生活


今夜のお客様です。

うちの子より、爆睡できるお前っていったい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小豆の実情

2017-03-06 15:13:10 | 猫の生活


小豆よお前は可愛い。
確かに可愛い。可愛いのには、罪がないのか。


私が長めの留守には、なぜか、剥がされている。

それでも、お前にきっと、罪は、ないのだろう。



きっと、これは、神様が私にくれた、忍耐または、辛抱なのだ。きっとそうにちがいない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年のとり年に因めなかったけれど

2016-12-31 01:00:13 | 猫の生活


!(^O^)y

がちゃがちゃで、300円の猫用の羊の被り物だよ~💓

  小豆、かわいい~💓💓💓
    連呼 連呼

今日は、子供らと小豆の撮影会とあいなりました。

ちなみに、黒猫のクウにも被せたのですが、即効、バッと、手と頭を振って、被り物をぶっ飛ばしてしまわれた。(・_・、)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近頃の小豆

2016-12-22 11:50:13 | 猫の生活


猫は、クールだとか、自由気ままな生き物。

と、誰がいったのだろうか。

先日一日家を開けて、夜にやっと帰宅したとき。

部屋の電気をつけた途端、小豆が外からかえってきて、ニャ~ニャ~私にまとわりつく。

懸命に撫でてあげてるのに、それでも、しばし、ニャ~ニャ~と、訴えてくるくる。

 そうか、そうか、ずっと待っていたのね~、さみしかったのね~

と、声をかけかけ、やっと落ち着いて、一緒の布団で就寝しました。

今も外からかえると、私の膝の上で、ずっと、撫でさせておる小豆かな。

人間の、赤子がいるかのように感じてしまうわけでして。

ほんに、かわゆいのう💓

母性本能が、小豆によって、みたされちゃってますかね、私。

母性本能みたされてると、


う~ん

妊娠できない可能性大かもです。

って!どうこと❓

なあんてね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最短距離の小豆とクウ

2016-12-20 09:33:41 | 猫の生活
小豆が私に毎朝、毎晩甘えて甘えて仕方ない。

白がいなくなったから、寂しいのだろう。と、同情していたけれども、小豆の希望が、すぐ近くにあったらしいよ。

クウがよく部屋に寝にかえってくるようになった。小豆はクウに叱られるから離れてねていたんだけれど。

クウがいなくなったすきに、クウのいつもの寝場所を小豆が占領していたよ。Σ(゚Д゚)
クウの唯一の寝場所なのにっ💦

そしたら、そこへクウが帰宅。小豆はクウが来たのを知らずに爆睡中。

クウは、しばし、寝ている小豆の側に座りながら考え込んでいた。じっと座りながら固まってる。

しばらくして、あきらめたのか、自分のいつもの寝場所の側で、ふとんの端っこで、寝はじめたよ。

小豆とクウがこんなに近くで寝ているなんて、チョー奇跡っ💓



あ、小豆が目を覚ましてクウの背中をガン見。
目が輝いてる~✨✨✨

満足そうな顔をして、すこし、クウの背中の臭いをかいで、また寝たよ。

小豆、よかったね~。大好きなお兄さんクウの側でいい夢見ろよっ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加