にゃおん・ざ・こーなー

北国に住む、猫とジャズが好きな親爺の日々。

音浴博物館

2017年06月15日 | ジャズ、音楽

西海市に音浴博物館というのがあることを知り、長崎から20数Kmというので、ちょっと寄り道感覚で向った。

ところがとんでもない山道で1時間かかり、人家が全く無いこんな所にほんとにあるのか?と不安になりかけた頃にようやく着く。
学校の跡地に建てられた、オーディオ&骨董品の博物館。
一見、廃校建物に見えるが、建物は建て直したもの。
市の建物で個人のコレクションを市の委託で公開している形?
コレクションの持ち主は亡くなり奥様が館長とのこと。
館長不在時は、有志が案内役をしている。

とにかく何でも集める癖の人だったらしく。
アイロン、和文タイプ、ガリ版、機械式計算機など昭和の日用品もどっさり。
子供のころはガリ版刷りが当たり前だったし、和文タイプは仕事で使ったことがあるけど、もう博物館ものなのね。

SPレコード1万枚、LPレコードはそれ以上?
それを自由に棚から出してかけ放題、聴き放題!
国内盤が多く、ジャズ、ロック、クラシック、歌謡曲などすべてのジャンルに及ぶ。

SP再生機は、恵庭にあったような名品とまではいかず、国産の電蓄型が多い。
(蠟管のシステムもありました。)

LP用機器はレコードカートリッジはシュアータイプⅢ、マッキンのセパレートアンプ、
スピーカーはJBL4345、テクニクスSB7000、ビクターS777、ダイヤトーン、ソニー等を切替え装置で鳴らす。
結線されいないが、タンノイ、ALTECも並んでいる。
ビクターS777がなかなか良い鳴りっぷり。

このビクターもいい音でした。

滞在1時間ではほんのさわり程度しか楽しめなかった。
何時間でもいたい、ジジイの楽園!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州ジャズ巡り | トップ | 山里亮太ライブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。