にゃおん・ざ・こーなー

北国に住む、猫とジャズが好きな親爺の日々。

セシル・テイラー、マックス・ローチ「Historic Concerts」

2016年10月19日 | ジャズ、音楽

これもビヴァリー・レコードでゲット。
テイラーとローチのデュオ、2枚組みLP。

お店の方が、「これきついですよ」とご忠告してくれた。
てっきり音質、盤質のことかと思ったら内容のことらしい。
嬉々としてこのレコードを手に取ったおっさんが、まさか「ひどい、きつい」とクレームをつける訳が無かろう。
想定外のご忠告に「いや、大丈夫です。知ってます。覚悟の上です。」と応える。
ホーン奏者ならいざ知らず、ローチとの取組みですから、それ程怖いことは無く安心して聴けます。

気持ち良いのかどうかもわからないまま、変なプレイをしている程度にしかテイラーのピアノはわかっておりません。
分かろうとすることがいけないのか・・・

はちゃめちゃなホーン陣の咆哮の中から、何か構造的なものが見えそうで見えないというのがテイラー先生の本領かもしれないが、
根っからの生真面目ドラム、ローチなので、全体がかっちりしており、おらには丁度いい按配。
ハードだけど安心して聴ける・・・それでいいのか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランク・ザッパ「LUMPY GRA... | トップ | 猫、病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。