にゃおん・ざ・こーなー

北国に住む、猫とジャズが好きな親爺の日々。

吉田野乃子「DEMO CDR」

2017年05月18日 | ジャズ、音楽

先週は5泊6日(長崎~諫早~島原~諫早~長崎)の行商出張。
グラバー邸やちゃんぽん等、ご当地ポイントも行ったりしましたが、
独特の地形や道の狭さ、味付けの違い等、文化風土の違いを実感しました。
甘辛味好きですが、たまり醤油で刺身は、無理~
人はとてもフレンドリーで良い感じでしたけど・・

先日のライブ会場で購入。
3曲入りミニアルバム。
1曲目はノイズギター。
2~3曲目はサックスの多重録音。

以前、最前線の音(?)を期待して観た彼女の演奏を
”旧来の普通の型にはまったフリージャズ”と変わらないものと受け止めたおら。
「そういうのが”フリージャズ”でしょうがあ~」と言うむきもありましょうが、
どうも「ブキブキ吼えまくらないとフリーじゃない」ということが、もう自由じゃないと思うのです。

フリー系に興味、共感と同じくらい懐疑を抱くという、妙なスタンスのおら。
ありきたりじゃない、とらわれない、何かおもしろいことにチャレンジする姿勢が好きなんです。
それがフリーキーな音ばかりである必要なんか無く、メロディーだって良いと思う。
オナニーフリー(誰のことだ?)よりは、ミンガスやカークやドルフィーの方が余程スリリングだと思うのです。

13日のライブで、重武装の猛者達に、サックス1本で挑む潔さみたいなのと、
彼女の進化なのか別の面なのか、分からないけど何かを感じ、CDRを手に取りました。(500円だったし・・)

20分に満たないミニアルバムだけど、北海道で独りで自分の表現を模索し続けている姿勢を感じるような・・・
彼女が何処に向うのか、しばし観てみたいかな・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジアンミーティングセッシ... | トップ | dj sniff »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。