にゃおん・ざ・こーなー

北国に住む、猫とジャズが好きな親爺の日々。

外車ディーラー

2017年03月07日 | ジャズ、音楽

ソニカを買い替えることに決め、俄然車選びに盛上がるバカ夫婦。

フィットネスジム行く前に、お洒落な外車ディーラーを訪ねる。
フレーム骨折しているソニカを駐車場に止め、夫婦共々ジャージ姿で降り立つ・・・

本体価格39万円とお手頃な仏車。これならおらでも買えるかな?
営業の人が見積書を作ってくれると言う。
ジャージ夫婦(おらは無精髭が伸びたまま)は明るい日差しが差す小奇麗なショールームの片隅に通され、
かしこまって供されたココアを飲む。
永遠に手の届かない高級車に囲まれ落ち着かない。
ようやく出て来た見積書を見て、一瞬我が目を疑う。

「104万円!?」
車検整備費用に28万円、オプション37万円。
オプションの内容は、外装コーティング5万円、内装コーティング6万円、アンダーコート6万円、冬タイヤ・ホイール13万円
整備パック(今後の整備費用を前払い)8万円など。

オプションの中身をきちんと説明してくれ不要であれば外せると言う。
当然新車じゃあるまいし、コーティングなどするわけも無い。
整備パックは分からないでもない。
タイヤだよなあ~、タイヤ無いと走れないけど、特殊サイズで新品のアルミ付けたらこうなるのか・・・

こういう所の車検整備費用が高いのは知ってはいたが、本体39万円が不要オプション外しても結果80万円オーバーとは。
目を白黒させている初老夫婦に
「ローンでいかがですか?」とたたみかける営業。
「ローンはいいです。払いは現金ですから、兎に角ローンは嫌です!」とまるでローンの与信が無いような口ぶり。

担当者が席を外した際に、
「何よ!これ位払えないわけじゃないし、車は気に入ったのだから買っちゃいましょ!」
と妙にキレ気味の嫁に、「待て待て、じっくり検討しよう。どうもタイヤが高い。」

場違いな初老ジャージ夫婦は、オサレなショールームから逃げ出すように・・・

このお店を批判するつもりはないです。
輸入車にこだわるユーザーに高級感、安心感を与え、綺麗に乗りたいユーザーニーズに応えるコーティング等のオプションを
取り揃えているわけで、初老ジャージ夫婦がミスマッチだっただけで・・・
実際FIAT500買ったBUBUではちゃんと、”澄ました顔したお客様”ですから・・・ 

※画像と訪れた店とは一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソニカ骨折 | トップ | 放置的大規模中古車店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャズ、音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。