にゃおん・ざ・こーなー

北国に住む、猫とジャズが好きな親爺の日々。

ルーテシア ゆとり感覚

2017年03月30日 | 

ルノールーテシアを通勤・業務に使っております。

今のところ、トラブルはありません・・あったら困りますけど。
自動的にライトが点いたり、ワイパーが動くことに驚いております。
まだ装置を把握しておりません。

なんとも言えないマイルドな乗り味がとても気に入ってます。
昔ほどではないと言われるが、フランス車独特のねこ足的足回りと、音もマイルド(エンジン音、
車外騒音の遮断の仕方など)、車全体の成り立ちが他国と違うのかな。

4ATのもったりした発進は大型トラック並みのトロさですが、それが気になりません。
以前のターボ付き軽自動車でオラオラ運転から想像できない「お先にどうぞ~」というゆとり運転。
車の性格で運転の仕方が変わってしまいました。助手席の嫁が驚いてました。

ブレーキは効きは良いですが、踏みしろが少なく、
アクセルから足を離すと早目にシフトダウンすることもありガックンブレーキになることも。

勿論その気になれば、かなり出ます。
時速70kmあたりからぐいぐいきます。
ハンドルは低速から高速までしっかりしており、リラックスして跳ばせます。

信頼の日本車、戦闘的なドイツ車、笑っちゃうイタリア車、ゆとりのフランス車・・
工業製品ですが国民性が出てますね。

この乗り味は充分魅力的だと思います。
もっと売れても良かったのに・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリアンプ | トップ | プリアンプ導入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。