とくしまマラソン塾

徳島の「走る整体師」がお伝えする、マラソン完走サポートブログ
自分のカラダを上手に効率的に使って、快適ランニング!

暑さ対策:レース直前にはカーボローディングもいいけど、ウォーターローディング!

2016-04-15 | 水分補給の仕方

4/24のとくしまマラソンは暑くなる可能性がありますね。

レース直前にはカーボローディングもいいけど、ウォーターローディングも必要です! 

ウォーターローディングとは、レースの一週間前位から、毎日1〜1.5リットルの水を少しずつ摂取して、体内の水分を十分に満たしている状態にしておくことです。

こうすることで、レース中の発汗による水分不足を補い、脱水症状による運動能力の低下を防ぐことが出来ます。

1回に飲む量の目安は250ml以内とします。

1度にこれ以上多く飲んでしまうと内臓に負担がかかってしまいます。

また体内に吸収できずにオシッコへと流れてしまいます。

1日1.5リットルもそんなに飲めない、と思うかもしれませんが、

・朝起きたときにコップ1杯
・朝食のときにコップ1杯
・お昼ごはんのときにコップ1杯
・おやつタイムにコップ1杯
・夕食のときにコップ1杯
・お風呂あがりにコップ1杯
・寝る前にコップ1杯 

コップ1杯が約200mlなので、こうしてこまめに飲むだけで、これだけで1.4リットルも飲めたことになります。

ランニングや入浴で発汗した場合にはそれにプラスして飲むようにします。

飲む水分の種類としては、良質なミネラルウォーターがおすすめです。

スポーツドリンクの類は大量の砂糖や人工甘味料が入っているので、あまりおすすめはしません。

ちなみに、ビールは水分補給には含みません(自戒を込めて〜)

ビールなどのお酒を飲む人は、アルコールの分解に体内の水分が使われてしまうので、お酒を飲んだその分、水分補給の量を増やす必要があります。

レース前日の夜、寝る前に500mlのミネラルウォーターを1時間以上かけてゆっくりと飲む、というのはかなりおすすめです。

レース当日の朝の水分は、あまり多くとらずに普段通りにします。

ここでたくさん飲んでしまうと、スタート前やレース中でのトイレの回数が増えてしまうことになります。

そして、レース中の給水はこまめに摂るようにしましょう!

カーボローディングはかなり普及しましたが、ウォーターローディングも実は大切です。

とくしまマラソン前にぜひ準備しておいてみてください。

 

「最小のエネルギーで、最大の運動を生み出すカラダを創る!」
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088−672−1648
受付:10時〜20時・不定休

コメント
この記事をはてなブックマークに追加