とくしまマラソン塾

徳島の「走る整体師」がお伝えする、マラソン完走サポートブログ
自分のカラダを上手に効率的に使って、快適ランニング!

踵がアクセル、つま先はブレーキ!

2017-01-14 | フォームづくり

最近意識している走りが、

「踵がアクセル、つま先はブレーキ!」です。

3年以上も前にも、

「きびす(踵)をつよく踏むべし~実践ワーク」

というブログ記事を書いています。

またそれ以前にも、踵を意識した走り方について記事にしています。

・カカトから押し出して走る-1
・カカトから押し出して走る-2
・カカトから押し出して走る-3

我ながらいいことを書いています(笑)

この夏、体重が5キロ以上も太ってしまいながら、11月からいきない月350キロペースの走り込みを2ヵ月以上続けてきました。

そんな中、まったく足が痛くなることなく走り続けられているのはこの意識を再認識して走っているからです。

また当院に来られる学生、市民ランナーの方などにも、つま先ではなくカカトを使うことの大切さをアドバイスしております。

今現在、自分が走る前、そして月一の練習会でもおこなっているワークをもう一度ここでご紹介します。

①左足を前、右足を後ろにして立ちます。
②後ろの右足の踵を浮かせると、自然と前に体重移動します。 
③前(左足)への体重移動、後ろ(右足)への体重移動を繰り返しおこないます。
④この動きの中で、右足の踵の押し出しで体重移動をする感覚をつかみます。
⑤右足を前、左足を後ろにしても同じことを繰り返します。

走るという動作は、前に体重移動を繰り返していくとう動作です。 

この動作には踵がアクセルとして使われているのです。

ちなみに前に出した足のつま先に力を入れることで、それ以上カラダが前に倒れることを防いでくれています。

これがつま先はブレーキということになります。

また歩いているときに急に「ストップ!」といわらたら、つま先に力を入れて立ち止まると思います。

ですから、つま先を意識して走ると、ブレーキを掛けながら走っていることになります。

つま先ではなく踵です!

「踵がアクセル、つま先はブレーキ!」

この意識で走ってみてください。

 

「最小のエネルギーで、最大の運動を生み出すカラダを創る!」
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088-672-1648
受付:10時~20時・不定休

コメント
この記事をはてなブックマークに追加