ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

四季の森公園に咲いた春の花

2017年04月25日 | 四季の森公園
四季の森公園にクマガイソウが特別保護 区画に咲いていました。
以前は山地の林下や竹やぶに生えたようですが、身近に自生種を
見かけなくなりました。
和名は熊谷草で、熊谷直実が背負った母衣(ほろ)にたとえたと
いわれます。



クマガイソウは10年数前に庭に植栽したことがあり、2,3年
花が咲きましたが枯れてしまいました。
それでも諦めきれず、台湾クマガイソウを植えましたがダメでした。
久しぶりにクマガイソウを見た家内は当時のような興味をなく
していました。



山の会の仲間からこの公園にウワミズザクラが咲くことを聞いて、
水車小屋の先まで歩きました。
上溝桜(ウワミズザクラ)という名前のついた高木を見上げたら、
ブラシ状の白い花が咲いていました。
この辺りはよく歩きますが、この季節は金蘭探しに夢中でウワミズ
ザクラに気が付きませんでした。



金蘭が林床に咲きはじめていましたが、銀蘭の咲くころにまた来ようと
思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭に咲いたアマリリス | トップ | 散歩道の御衣黄と八重山吹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季の森公園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。