ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

八方尾根に咲いた花々

2017年07月27日 | 白馬の花三昧
白馬旅行の3日目は八方尾根を歩きました。
八方駅からゴンドラ、リフトを乗り継いで標高1830m
八方山荘の手前に着きました。
前日栂池自然園を歩いたし、帰りの道路の渋滞を避けるため、
八方山荘の先を少し歩いて引き返す予定でした。





ところが山を歩いているうちに山歩きの魅力を感じて
先へ先へと進み標高2005mの第2ケルン(息ケルン)
まで歩きました。
ケルンのプレートには私が生まれた昭和10年代前半の
年号と同じ年号が書かれてありその偶然に驚きました。
ケルンは登山道の道標になるように石を円錐状に積み上げた
ものです。







高山植物を10数種見ましたが、オトギリソウ、
ウスユキソウ、クルマユリをアップします。

帰りは夕方までに自宅に帰る予定が、笹子トンネル内の
追突事故で勝沼~大月間が通行止めになり4時間遅れで
帰宅しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栂池自然園に咲いた花々 | トップ | 散歩道に咲いたハマボウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

白馬の花三昧」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。