ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

里山でシュンランを探しました

2017年03月21日 | 日記
昨日近くの市民の森にシュンラン(春蘭)を探しに行きました。
いつもは家内を誘いますが、一人で行きました。
7,8年ほど前にこの里山で6,7個の花のついた大株の
シュンランを見つけ、その後2回見に行きました。





木の裏側にシュンランがあるので遊歩道から死角になり
奇跡的に残っていました。
久しぶりにその大株を見るのが楽しみでした。

ところが守護神の木が切られて大株はなくなりがっかりしました。
せっかく来たのだからと遊歩道沿いにシュンランを探しました。
いつも家内に先に見つけられて悔しい思いをしていますが、
昨日は10株見つけました。
つぼみのついた株が4株で、残りの株はつぼみなしでした。

自分でも野趣のあるシュンランが林床で見つけられるんだと
気をよくして帰り、家内に成果を知らせました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の花:バイモユリ、イカリソウ | トップ | 庭に咲いたタゼッタスイセン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。