ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

散歩道のヤマモモ、コウゾの実

2017年06月19日 | 帷子川
散歩道の公園にヤマモモの木が約10本植栽されて
います。
そばを歩いたら木の下に熟して黒ずんだ実がたくさん
落ちていて、ヤマモモ(山桃)に気づきました。





ヤマモモは雌雄異株で2週間前は実のならない雄木を
見て見逃してしまいました。
手の届くところに実はなく下に落ちた実はさすがに
食べる気になれませんでした。

それから帷子川に行く途中、15m離れた斜面にヤマモモが
あり、赤く色づいてきれいでしたが近寄れませんでした。



帷子川の橋のたもとに、コウゾ(楮)の実が橙色に色づいていました。
コウゾは昔和紙の原料に使われました。

我が家のルーツをたどると、明治時代に祖父が和紙製造を
起業してコウゾは縁があります。
叔母たちの話では、厳寒の思川上流で皮をさらして厳しい
家業の手伝いをしたそうです。
コウゾの実は甘いですが生食では数は食べられないものです。

お詫び:
最初にヤマモモ(山桃)をハナモモと間違えて書いたことを
お詫びして訂正します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道に色づいたビワの実 | トップ | よみがえったハタザオキキョウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

帷子川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。