ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

シンテッポウユリとカタサゴユリ

2017年08月13日 | 日記
散歩道に元気なシンテッポウユリが咲いていました。
テッポウユリとタカサゴユリ(高砂百合)の交配種です。



我が家の庭にも以前からシンテッポウユリが出ますが、
ここ数年花がまともに咲かなくなりました。



10数年前に庭に突然見慣れない百合が咲きました。
台湾に自生する高砂百合(タカサゴユリ)で種子が飛んで
来て生えたことがわかりました。
長い花被片の外側に紫色の縞(しま)がついていました。
種子から増えることがわかって間引きしたほどでした。

7,8年前に函南のゴルフ場に行く途中、タカサゴユリが
数100mにわたって咲いているのを見て、外来種の勢いを
感じたことを思い出します。

現在、タカサゴユリは連作障害を起こし庭や散歩道から
ほとんど姿を消しました。
シンテッポウユリも親(タカサゴユリ)の特徴を受け継いで
いるようで元気がありません。



昨日、帷子川沿いを散歩中にタカサゴユリが10株ほど
正常に咲いているのを見つけました。
川に向かって細長い花被片が咲き正面から撮れませんでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道に咲いた赤いダリア | トップ | 8月の真鶴の鳥と花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。