ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

ノシランとオオバジャノヒゲの青い実

2017年02月12日 | 日記
お隣との境界のフェンス際にノシランを植えています。
ノシランはユリ科で本来海岸近くに生えます。
50センチ超の線形の葉をたくさん伸ばします。
庭では葉が左右に1mも伸びて大形の植物です。





一本の花茎に実が20個ほどつき、その重みで葉に隠れて
気がつきにくいです。
それでもヒヨドリは実が青く熟したいまごろやってきて
食べます。
家屋に近い方はヒヨドリが近寄らず実が残るので、
写真が撮り終わると実が野鳥に目立つようにしています。



ノシランは追分の森のジャノヒゲと共通しているところが
あります。
ジャノヒゲは線形の長い葉に隠れて青い実があります。
写真は実が目立つように葉の少ない株を選んで撮りましたが、
長い葉が少ないとジャノヒゲの趣がなく一長一短です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道で見たコジュケイ | トップ | マンサクの咲く公園で野鳥探し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。