ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

庭の花:ホウチャクソウとアマドコロ

2017年04月21日 | 日記
庭にホウチャクソウが群生して咲いています。
花期が長く月はじめから咲いています。
花は枝の先に1~3個垂れ下がります。



和名は宝鐸草で、花の形が寺院や五重塔の四隅の軒に
垂れ下がっている宝鐸(ホウタク)に似ていることに
よります。
丘陵などで見かけるホウチャクソウは1~2株が多く、
庭に群生しているのを見ると異様な感じです。



庭に同じユリ科のアマドコロが咲いています。
花が2個ずつ下がっていて、ホウチャクソウに似た
ところがあります。
和名は甘野老で、地下茎が野老(トコロでヤマイモの
一種です)に似て甘いから甘野老です。
庭のアマドコロは葉が班入りで園芸品種です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の花:ヒメイチハツ、シャガ | トップ | 帷子川沿いの八重桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。