ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

ヤツデの花咲く山の中で

2016年11月26日 | 日記
ヤツデの白い花が咲くころになると近くの宅地開発を
免れた山に行きます。
もう10年余りその山に入っていますが、2年前に
ヤツデの付近に杭が立てられ鉄線が張られました。





山の持主が約10本あるヤツデを守るために柵を設けたと
理解しました。
昨年は遠回りしてヤツデに近づきましたが、今年は胸の
高さまで笹が茂り着衣が痛むのが気になり藪の中に入る
のをやめました。

ヤツデ(八手)の大きな葉は掌状に7~9烈しますが、
その葉を手に見立てたのが名前の由来です。
8烈した葉は見たことはなく、八は数字が多いことを
意味するようです。

仕方なく柵からカメラを向けてヤツデの花を撮りました。
円錐状の花を小さな虫が吸蜜しているのが見えました。
ヤツデのそばにヒヨドリジョウゴやコマユミがある
はずですが、笹に隠れて見えませんでした。
進入路も笹が茂り近づくのがきびしくなりましたが、
来年もヤツデの花はこの山にこだわるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初雪と庭のカエデの紅葉 | トップ | 晩秋に咲いた枇杷の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。