ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

帷子川沿いのショカツサイ、ユキヤナギ

2017年03月30日 | 帷子川
帷子川沿いを歩いたら青紫色のショカツサイが咲いて
いました。
この花の名前はオオアラセイトウ、ハナダイコン、
ショカツサイ、紫花菜と4つあり、人によって呼び名が
変ります。
私は紫花菜(ムラサキハナナ)と呼んでいましたが
誰も使いません。



ショカツサイは三国志に出てくる諸葛亮が出陣の先々で
この種子を蒔いたことに由来します。
ショカツサイは水辺で見るといきいきしたイメージが
あるので川に向かって写真を撮りました。



ユキヤナギ(雪柳)は川に向かって枝が伸びていました。
柳のように枝が枝垂れるのでこの名前があります。
庭のユキヤナギは刈り込みを続けたので樹勢が衰えて
雪柳らしい趣をなくしました。
ユキヤナギは細い枝をたくさん伸ばすので狭い庭には
向かないと感じています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道に出た土筆(つくし) | トップ | 追分の森に咲く菜の花と野草 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

帷子川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。