ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

真鶴に咲いていた夏の花

2017年07月13日 | 真鶴半島の四季(夏)
お林展望公園は以前真鶴サボテンランドと呼ばれた当時の
木が残っています。
公園に真鶴の町花のハマユウが咲いていました。



真鶴岬の三ツ石を一望する場所で見たハナユウは
別の品種でがっかりしました。
浜辺に生えて白い花を木綿に見立てたといわれます。



真鶴の民家にエンゼルトランペットが咲いていました。
別名チョウセンアサガオで毒性が強いといわれます。
大形の株で1年草とは意外でした。



荒井城址公園から真鶴港まで下りが続きますが、
途中の平屋のアカメモチの生垣の中に隠れるように、
赤い花が咲いていました。
サンゴバナ(珊瑚花)でした。
花の名前は私が調べたもので、そばを歩くとみなが
サンゴバナに目を向けて行きます。



お林の中にヤナギイチゴの橙色の実がびっしりついて
いました。
参加歴の浅い仲間の一人が実を口に入れたら、まずかった
そうです。
三ツ石海岸に下りてハマゴウ、スカシユリなど浜辺の花を
たくさん見て満足して帰りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月真鶴の浜辺の花 | トップ | 庭に咲いたモントブレチア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。