ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

コキアが赤く色づいた畑

2016年10月20日 | 帷子川
今朝の新聞を見たらひたち海浜公園の赤く色づいた
コキアの写真が載っていました。
昨日、帷子川に行く途中、散歩道の畑にコキアが真っ赤に
色づいていました。





”とんぶり”といわれる1ミリ~2ミリの実は「畑の
キャビア」といわれます。
畑のコキアは収穫されたことはなく観賞用でしょう。
この季節に見逃せない植物の一つです。

帷子川沿いを歩いていたら、浅瀬に小魚が光るのを見ました。
アブラハヤでしょう。
水面を見たらアブラハヤが群れていました。
以前カワセミがアブラハヤを口にくわえるのを撮った
ことがあります。



その先で水鳥がいないかと立ち止まって川面を見て
いたら、目の前の柳にメジロが7,8羽群れていました。
メジロと目が合いましたが、メジロは逃げません
でした。
これからメジロが現れる時期になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭のツリバナ(吊り花) | トップ | 勢いを失ったセイタカアワダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。