ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

散歩道に色づいたビワの実

2017年06月18日 | 帷子川
帷子川の近くのお屋敷のように広い民家の畑に
ビワの実が黄色く色づいていました。
ビワの木は畑に2本あり、道路に面した木は
中央の幹が切られて横長に樹形が乱れています。



ビワの実のサイズは大きく、以前袋をかけたのを
見たことがあり食用に植えているようです。
まだ食べごろでないのか木についていました。



帷子川の遊歩道に高さ6,7mのビワがあります。
高枝バサミを使えば、実を収穫できそうです。
ビワの実は粒が小さく果肉が少ないですが近所の人が
一部収穫しているようです。
残った実は野鳥が食べるとみました。

「桃栗3年、柿8年」ということわざがありますが、
その続きに「枇杷は9年でなりかねる」とか使われます。
ビワは実が成るのに時間がかかるということです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道のナツツバキ、ヒルガオ | トップ | 散歩道のヤマモモ、コウゾの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。