ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

散歩道に咲いた葛の花

2017年07月31日 | 帷子川
帷子川沿いを歩くとフェンスの向こうに葛(クズ)が
繁茂して川の中が見えないほどです。
つるは10m以上の伸びるといわれます。
そんな藪状の中に葛の花を見つけました。
葉の裏に花が咲くので別名裏見草です。



秋の七草のひとつですが、7月のいつごろから咲いた
のでしょうか。

その先の遊歩道に紫色の花びらがわずかに落ちていました。
それは紛れもなく葛の花で真上を見上げたら、木に
クズのつるが絡んで濃紺紫色の花が見えました。

自然観察の先輩から教わった釈迢空こと折口信夫の
名歌を思い出しました。
葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。
この山道を行きし人あり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道に咲いた百日紅 | トップ | ブルーベリー畑の不思議 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

帷子川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。