ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

庭のツリバナ(吊り花)

2016年10月19日 | 日記
庭にツリバナの赤い仮種皮に包まれた種子が垂れています。
ニシキギ科の木にツリバナ(吊り花)とは絶妙なネーミングです。
約20個の実があったはずですが、野鳥が突いたのか
少なくなっています。
以前あったツリバナが7,8年前に枯れてしまい
諦めていました。



5,6年前に尾瀬の草紅葉を見に行った帰りに、
花の管理人は目ざとく車の中から山野草即売店の
ツリバナを見つけて急停車したことを思い出します。
ツリバナは山に生える木で真夏に水が不足して元気が
なくなるようです。
それ以来、水撒きするときツリバナには余分に水を
あげています。



庭のシュウメイギクの白い花が咲きそろっています。
開花してから1カ月たっていますが、強風にもめげず
茎は頑丈で直立して咲いています。
名前はシュウメイギク(秋明菊)ですがキク科ではなく
キンポウゲ科です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷川岳の紅葉を見てきました | トップ | コキアが赤く色づいた畑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。