ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

散歩道のナツツバキ、ヒルガオ

2017年06月17日 | 帷子川
帷子川に行く途中の公園にナツツバキ(夏椿)が咲いて
いました。
別名シャラノキです。
木の下に落ちた花から数日前に花が咲いたと思いました。
朝に花が咲いて夕方に落下する一日花です。





この公園には約10本のナツツバキがありますが、
白い花は目立たず気がつきにくいです。
庭にあったナツツバキの若木は数年前に枯死して
しまいました。
庭の環境に合わなかったようです。





帷子川沿いを歩いていたら、遊歩道のフェンスにつるが
巻きついて紅色のヒルガオ(昼顔)が咲いていました。
白い花より紅色の花が美しかったです。
ヒルガオは一日花で毎日次から次へと花が咲きます。



帷子川にカルガモのつがいがいました。
この時期はヒナの群れを連れたカルガモを見ることが
多いですが、ヒナの群れは見られませんでした。
繁殖期なので子育てはどうなっているのかと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬師池公園の花菖蒲を見てき... | トップ | 散歩道に色づいたビワの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。