ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

庭のマツムシソウと昆虫たち

2016年09月18日 | 日記
庭に淡紫色のマツムシソウが咲いています。
本来、草原に咲く花ですが約10株生えて次から次と
花が咲きます。
草原の花に比べて小さく見劣りします。







それでも9月半ばになれば、ツマグロヒョウモンという
中型のチョウのオスとメスがマツムシソウにやってきます。
求愛の場面がいつか見られるのではと観察しています。
オスは滞留時間が短く動きが素早いのでカメラを近づけ
られません。
1枚目と2枚目はメスで3枚目はオスです。





マツムシソウにやってくる昆虫を狙ってカマキリが
待ち伏せしていました。
見た目は鈍そうなカマキリですが、そばに昆虫を
見つけたら素早く反応するのでしょう。。
花の写真は以前信州の高山の夏に撮ったマツムシソウです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭のシュウメイギク(秋明菊) | トップ | 庭のシモバシラという植物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。