ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

よみがえったハタザオキキョウ

2017年06月20日 | 日記
庭にハタザオキキョウ(旗竿桔梗)が咲きました。
この花は6月初めごろに咲く花ですが、日当たりが
悪く開花が遅れました。
学名はカンパニュラ・ラプンクロイディで北米原産の
多年草です。



ここ10年近く日陰の中でわずかに花が咲く程度でしたが
今年は草丈が1mほどになり、隣の木に寄り添うように
咲きました。
旗竿とは言え得て妙でこの花の特徴を表しており、
そのネーミングに感心しました。





庭に北米原産のストケシアが咲いています。
青色の花から別名ルリギクです。
先日アゲハチョウが飛んできてストケシアにとまりました。
これからチョウの季節の到来です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩道のヤマモモ、コウゾの実 | トップ | 散歩道に咲いたネムノキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。