ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

追分の森のカントウヨメナ、女郎蜘蛛

2016年10月16日 | 追分市民の森
追分市民の森に10日ぶりに行きました。
田んぼのあぜに咲くカントウヨメナという野菊を
探しました。
「私有地につき立ち入り禁止」という看板の立った
休耕田に近づいたらカントウヨメナがあちこちに
咲いていました。
いつもカントウヨメナに野草らしい素朴な趣を感じます。





50センチ先の板の上にアキアカネがとまりました。
アキアカネは赤く色づいてきれいでした。
カメラを20センチまで近づけても静止したままでした。
トンボはときどき飛び立ちますが、すぐ元の場所に
戻ってくる習性があります。





水路のそばを歩いたら、蜘蛛の巣があり女郎蜘蛛のメスが
大きなお腹を膨らませていました。
カメラを20~30センチ近づけると細い巣にピントが
合ってしまい、女郎蜘蛛がピンボケになることが
よくあるます。
蜘蛛の巣のどこかに貧相で小さなオスがいますが、
メスとオスが一緒にいるのは珍しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭に一本棗(ナツメ)の木 | トップ | 谷川岳の紅葉を見てきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。