ぶな太の四季折々

身近な四季の花をカメラで追って

7月真鶴の浜辺の花

2017年07月11日 | 真鶴半島の四季(夏)
久しぶりに真鶴に行きました。
中川美術館に近いお林の入口から上がると山頂で交差します。
いつもはシダの茂る遊歩道を真鶴岬に下りますが、昨日は
タシロランを見ようと灯明山の方に寄り道しました。



時期が遅いかもと心配しましたがたくさんタシロランが
見られました。
タシロランは常緑樹林内に生える葉緑素をもたない腐食植物です。







岬から三ツ石海岸に下りました。
海岸には青紫色の花の咲くハマゴウ、岩場には各花被片に
隙間がある黄赤色のスカシユリ、黄色い花のハマグルマ
が咲いていました。
ハマグルマの葉は小さく、質は厚く、かたい毛が生えて
ざらつき、ネコの舌のようだといわれます。





そのほか、ハマボウフウ、ラセイタソウが咲いていました。
ライセイタソウは厚みのある葉が特徴でざらざらしていました。



昨日は引き潮だったので、海岸には大量の天草がありました。
仲間の何人かはビニール袋に入れて持ち帰りましたが、
ゴミを取って煮込めば食べられるそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フウラン(風蘭)は夜に香ります | トップ | 真鶴に咲いていた夏の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真鶴半島の四季(夏)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。