北海道立釧路芸術館

北海道立釧路芸術館のブログです。北海道釧路からさまざまな情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無言館展感想ノートから③

2017年05月21日 08時00分00秒 | 日記
第3回目は、一般の方々から。

「旭川へも見に行きました。
 今回も来ずにはいられませんでした。
 夫の父も戦死、父の顔も知りません。
 ここへ来ると胸をしめつけられるような思いにもなります。
 描くことに、好きなことに没頭できた時間があったことは救いです。」

「臨月のときに札幌で絵画を初めて見ました。
 3日かけて産んだ我が子が男の子だったとき、あの絵の方の親御さんはどのような想いだったのだろうかと思うと、自然と涙が流れてきました。
 祖父の弟も沖縄で戦死し、祖父も戦地へ何度か行っていました。
 息子も同じ道を歩かされそうな不安を感じています。
 平和な日本が続くように、犠牲になった方の生命を重く考えて欲しいです。
 今日は十勝から8才になった息子と2人できました。」

「今日、無言館を拝見できて感無量です。
 自画像から発する目線が、3m離れても5m離れてからもジーっと迫ってくるようで、若者の胸の音が聞こえてくるようでした。
 悔しさ…勿体ない命であります。戦争を再び起こさないよう改めて思いました。」


投稿者:T.M.




この記事をはてなブックマークに追加

無言館展感想ノートから②

2017年05月20日 08時00分00秒 | 日記
第2回目は中学生のみなさんから

「この人達が描いた絵はその人の魂そのもの。
 それをうけつぐのがいまの俺たち。
 その事だけは忘れてはならない。
 また起きないために。」

「戦争中の貴重な絵画を見ることができ、とても心にひびきました。
 それらの絵を見て、あらためて戦争はあってはならないものだと深く思いました。
 優しい風景やその時代に生きた人の姿、今にもうごきだしそうなこのような貴重な絵を釧路で見ることができて、本当にうれしく思います。
 ありがとうございました。」

「私たちは約70年前のこの方達に何が出来るのだろうか。
 戦争のムゴサも何も知らない私たちはどうしたら良いのだろう。
 忘れない。「一瞬一瞬を全力で」
 当たり前の事だがよく忘れてしまう。
 勉強よりも忘れてしまってはいけない事だと思いました。」


投稿者:T.M.

この記事をはてなブックマークに追加

無言館展感想ノートから①

2017年05月19日 15時53分10秒 | 日記
開催中の「戦没画学生慰霊美術館〈無言館〉遺された絵画」展では、展示室内に感想ノートを置いています。
年齢・性別を問わず、多くの方々にご記入いただいていますが、そのなかからいくつかの感想をご紹介します。

第1回目は、ご年配の方々の感想から。


「17、8年前、まだ出来て間もない「無言館」を訪れた時は、その館に入るや人々は無言になりすすり泣きが聞こえはじめました。
 まだこのように多くの作品群ではなく、点々と間をおいて飾られており、出口に近づくと、芳志を入れる箱がソッと置かれていました。入場無料だったのですね。
 ポツンと建っている館の入り口がぼうっと見え、そこへ吸い込まれるように人々は足を運びました。
 今回はよくぞ北国の果てまでおいで下さいました。記念すべき催しとして、帯広からやってまいりました。81才の女性としては今後お目にかかれないと思い、この日を待ってやってまいりました。合掌。」


「戦中時代に育った人にとってたくさんの思いがあります。今日この無言館の絵を拝見して遺された家族と本人達の心残りの想いが胸にせまり、感激と無念さを思います。良いひとときでした。」


投稿者:T.M.

 

この記事をはてなブックマークに追加

釧路に流氷接岸!

2017年04月02日 14時16分49秒 | 日記


釧路に9年ぶりに流氷が接岸しました。
芸術館前を流れる釧路川にも、少し入り込んでいます。
海岸はごらんのとおり、びっしり氷でおおわれています。
氷に乗って子どもたちも大はしゃぎでしたが、
危ないから浜へあがるよう警官から注意されていました。

投稿者:T.M.

この記事をはてなブックマークに追加

窪島誠一郎氏講演会整理券配布のお知らせ

2017年04月02日 13時59分29秒 | 日記


「戦没慰霊美術館〈無言館〉―遺された絵画展」に関連して
同館館主・窪島誠一郎氏による講演会を下記の通り開催します。
入場無料ですが、整理券が必要です。
4月4日(火)9:30より当館受付で配布します。
先着順ですので、お早めにお越しください。

◇日時 平成29年5月27日(土)午後2時開場、2時30分開演(約90分)
◇会場 北海道立釧路芸術館アートホール(釧路市幸町4―1―5)
◇定員 200名
◇入場無料 要整理券
◇問い合わせ先 ☎0154-23-2381(釧路芸術館)

投稿者:T.M.

この記事をはてなブックマークに追加