WALKER’S 

歩く男の日日

19日目 民宿兵頭~ときわ旅館(3)

2017-07-14 | 17年四国の旅

 3つ目の四国のみちは意識的にではなく思わず何となくスルーしてしまいましたが、コンビニに行かねばならなかったので結果的には良かったのかもしれません、また次回と言うこともありますし。
 コンビニの前では外国人の男女が地べたに腰をおろして休憩中でした、言葉を聞くとフランスからのようでした、一緒に歩いているのかと思いきや、コピーをしているときに見ていると別々に出発していきました。


 距離が短いので今年もトンネルは行かず峠道です。視界が開けるこの少し手前で先ほどとは別の白人女性が腰をおろしてモバイルをいじっていました。挨拶だけが精一杯、


 峠越えの道は、昨年同様下りに入ってしばらくの所でトンネルの出口の所に下りる道で早めに国道に下りてきます。鳥坂峠の下りは下りの山道で一番嫌いな道です。とにかく我慢できない、バカみたいに長くて足場が悪くて思ったような歩きが全然できない、歩いているのが辛くなる唯一の道だと言えるかもしれない。
 札掛ポケットパークで少し休んで、12時41分に出発、このまま宿に直行すると50分ほどで着いてしまうのですが、冨士山に登るのでちょうどいい感じになります。
 上の写真はポケットパークから国道を下りきって国道を離れて右折して川を渡るところ、矢印も全部右ですが今回はそのまま国道を直進します。


 四国のみちの矢印は微妙な感じですが、英語の地図には国道直進に緑の点線があります。


 少し進むと国道は川に沿って右の方へ、行く手の三角の山がこれから登る冨士山です。


 現在の遍路道の分岐から1kmほどでしっかり四国のみちの道しるべ。


 国道の脇道です、


 川の左か右かの違いだけで距離も余り変わらないような気もしますが、


 こういう新しい道ができて、昔の道がちょっと変形しているというのはあると思いますが。


 これも緑の線です。


 これはまさしく昔の道、


 冨士山がいよいよ近い、


 橋を渡る道の交差点で左折します、


 左折したところ、


 左折して200m、谷本石材の前を右折します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 19日目 民宿兵頭~ときわ... | トップ | 19日目 民宿兵頭~ときわ... »

コメントを投稿